恫喝:F-35に新エンジン搭載しないと産業基盤崩壊と

AETPをF-35に搭載しないと1企業のみ生存と訴え
現装備F135エンジン改修より3倍高コストのAETP推進
燃費25%・航続距離30%・推力倍増とアピールの亡国ぶり

AETP XA100.jpg8月11日、米空軍主催の「Life Cycle Industry Day」で米空軍次世代戦闘機エンジン開発担当John Sneden氏が記者団に、耐久性不足で稼働率が低迷するF-35エンジン問題に対し、仮に米国防省が新型次世代エンジンAETP(Adaptive Engine Transition Program)への換装を選択せず、現F135エンジンの継続使用や同エンジンの改修案を採用したなら、米国の先端航空エンジン産業基盤は1企業のみに縮小して「崩壊する:collapse」と恫喝しました

この問題は、F-35のF135エンジンのエンジンブレード耐久性が不足し、当初予想より修理整備作業が頻発してF-35稼働率を低迷させている件で、現F135エンジンを改修するオプションか、新エンジンAETPへの換装を進めるかの選択を2024年度予算案取りまとめ課程で決断を迫られているものです。

AETP XA100 2.jpgただでさえ維持整備費が第4世代機の2倍近くに高止まりして英国等のF-35購入国から非難の声が上がり、米軍内で調達機数削減の検討が行われている中、傷口に塩を刷り込むように米空軍長官らが国防省調達担当次官やF-35計画室に高価な新エンジンAETPへの換装決断を迫っているものです

8月16日付Defense-News記事によれば、F-35導入中の他軍種や同盟国等との関係があるので国防省がどのオプションを採用するか最終決定を行うべきだと米空軍が「下駄を預けた」形になっている本件に関し、新エンジンAETP採用なら開発費等を含めて生産に約8000億円の見積もりで、F135エンジン改修オプションの費用3倍で、ライフサイクルコスト換算だと4兆3000億円も現エンジン改修より高価だそうです

AETP XA-100 3.jpgただGE 社(XA100)とPratt & Whitney社(XA101)がそれぞれ独自開発しているAETPはデモ段階で、燃費25%改善・航続距離30%増・推力倍増の結果を示しているそうで、対中国作戦には不可欠だと米空軍は主張しているようです

同時に同エンジン開発担当John Sneden氏は記者団に、恫喝とも泣き落としとも思われる作戦を繰り出し、国防省がAETPをF-35新エンジンに採用してくれたなら、2024年から本格開発フェーズに入って2030年までに提供可能となり、NGADのエンジン選定が予定される2024年のタイミングとも合致して丁度良いが、仮に採用されないと米国先進エンジン開発産業基盤は1社体制になって競争環境を失い「崩壊する:collapse」との論を展開していま

AETP XA-100 2.jpg各オプションのコストやスケジュールやエンジン性能改善貢献度を、米海空海兵隊の協力を得て国防省F-35計画室が今年夏に取りまとめる予定で、更に米空軍は別途、各オプションが実際の作戦運用場面でのどのようなインパクトを与えるのかを検討して9月にまとめるようです
/////////////////////////////////////////////////////////

足元では、7月末にチェコ共和国が18番目のF-35購入候補国に名乗りを上げたところですが、皆さん懐具合は大丈夫なんでしょうか? 現時点で1760機を購入予定としている米空軍は、恐らくエンジン問題対処へのコストも含めて総調達機数の削減案を検討するでしょうし、1000機を切ることは確実でしょう。

AETP XA100 3.jpg規模の縮小は更なる維持整備コストのアップにつながり、他軍種や同盟国等の購入機数削減縮小を導きます。そしてこの「負のスパイラル」が「亡国のF-35」の本質であり、意思決定に時間が必要な日本は負の影響をたっぷり受けることになるでしょう・・・残念ながら。本当にこの件に関係する人材は気の毒です・・・

F-35のエンジン問題
「空軍長官:国防省に下駄預ける」→https://holylandtokyo.com/2022/08/09/3515/
「空軍長官:数か月で決着すべき」→https://holylandtokyo.com/2022/05/26/3260/
「上院で議論」→https://holylandtokyo.com/2022/05/18/3223/
「下院軍事委員長がAETPに関心」→https://holylandtokyo.com/2021/09/09/2184/
「エンジン問題で15%飛行不能」→https://holylandtokyo.com/2021/07/27/2022/
「エンジンブレードと整備性問題」→https://holylandtokyo.com/2021/02/17/263/
「Lord次官が最後の会見でF-35問題を」→https://holylandtokyo.com/2021/02/03/254/

 

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様(500円/月)  yaazooyaa...
タイトルとURLをコピーしました