2024-07

亡国のF-35

F-35稼働率は3年連続急降下で約5割

71.4%→68.8%→56%→51.9%(2023年度) また、昨年発表の2022年65.4%は間違いで実際は56%で、 間違った理由はすぐに説明できないと開き直り 6月27日付米空軍協会web記事は、米空軍が2023年度のF-35稼働率...
サイバーと宇宙

論考:国防組織の課題@「商業宇宙戦争」時代

6月25日付 NIDSコメンタリーに掲載 実務的な課題に焦点を当てた論考 広義には他にも色々ありそうな気がするが 6月25日付 防衛研究所NIDSコメンタリーが、福島康仁主任研究官による『「商業宇宙戦争」の時代における防衛組織の課題』との簡...
米国防省高官

突然!超静粛無人偵察機XRQ-73を今年初飛行発表

燃料を電力に変換するハイブリッド電気システム推進 2011年から極秘開発の「Hybrid Electric Propulsion」計画 重量600㎏以下ながら「即実戦投入」の可能性示唆 6月24日米国防省研究機関DARPAが、2011年頃か...
米空軍

横田と三沢基地司令官の大佐が交代

7月8日に横田、9日に三沢基地司令官が交代 交代式を取り仕切った在日米軍司令官も間もなく交代 7月10日付米空軍協会web記事が、在日米空軍の重要基地である横田基地と三沢基地の基地司令官を兼務する、横田ではC-130輸送機部隊(374th ...
安全保障全般

独仏西の戦闘機が大挙アジアツアーの概要

3か国戦闘機28機が給油機8機と1800名体制で アラスカ→豪州→日本→ハワイ→インド 7月8日から8月の印空軍初の多国間空軍演習まで 7月5日付米空軍協会web記事が、ドイツ・フランス・スペイン空軍(次世代戦闘機Future Combat...
米国防省高官

ずさん過ぎる次期ICBM計画の米国防省再承認

計画のMilestone B承認取り消し再検討を2年以内で コストは31%増ではなく現時点で81%増 増加分は米空軍負担が原則 ただしコスト増が発生する5年後以降までに対処検討 7月8日、コスト超過と開発期間遅延で法律(Nunn-McCur...
安全保障全般

米議会が核兵器搭載可能B-52増加法案提出へ

新START条約で2015年に削減した30機に再び搭載改修か 露が新START後継条約拒否で2026年2月失効に向け 一部議員が反対も多数が30機のB-52に搭載能力復活に前向き 6月18日付Defense-News記事は、2021年に何と...
米空軍

米空軍トップ:飛行群は不要、航空団と飛行隊で

将来米空軍に大佐職飛行群司令の居場所はない 群司令は航空団幕僚として統合作戦推進を担い将来に備え 派遣用航空団は2025年から海外でACE構想の分散運用を 6月14日Allvin空軍参謀総長は、2月にKendall空軍長官が発表した米空軍大...
Joint・統合参謀本部

米国防省が日本配備の米軍戦闘機変更を発表

嘉手納F-15Cを36機のF-15EXへ 三沢F-16を48機のF-35Aへ 岩国海兵隊F-35Bの「機数調整:Modify」 「over the next several years」でと具体的時程なし 7月3日、米国防省が在日米軍配備の...
Joint・統合参謀本部

米比演習で米支援で強化中の対中国拠点を活用

Balikatan演習と事前訓練で米陸軍が比軍強化に尽力 米比防衛協力合意EDCAでテコ入れ3施設を活用 「HIMARS」の新拠点への持ち込みが話題に 米陸軍訓練施設「JPMRC X」をアジアへ初持ち込み 5月12日付Defense-New...