2022-01

亡国のF-35

2022年を占う:米海兵隊F-35調達削減の予兆

米海軍273機に対し、海兵隊は420機調達予定も 米海兵隊司令官は2020年当時から機数削減示唆 1月3日付Defense-Newsは、「2022年を占う:New in 2022」シリーズ記事の一つとして、「海兵隊はF-35を必要と...
安全保障全般

量子技術の軍事への応用

既に半導体等で利用されている「量子技術1.0」から 量子特有の性質を最大限活かす「量子技術2.0」利用へ センサー、コンピュータ、通信の視点から 12月21日付防衛研究所ブリーフィングメモとして、理論研究部の有江浩一2等陸佐による...
米空軍

KC-46給油機の恒久改善策が未だ未定

既に導入機数の約3割受領済も イスラエルも2機導入を決定したが 1月10日付Defense-Newsは、導入予定177機の内、既に50機をボーイング社から受領しているKC-46空中給油機に関し、戦闘地域での使用ができない原因となって...
亡国のF-35

ノルウェーがF-35を世界初(?)の領空保全任務に

北緯68度39分の厳しい環境の基地で 42年任務を果たしたF-16と交代で 1月6日、ノルウェー空軍がF-35を領空保全任務(NATO quick-reaction alert mission:日本でいう対領空侵犯措置任務)に就けた...
中国要人・軍事

中国高官が中国の核戦力急速増強を否定

中国外務省の兵器管理局長が語る 米英仏中による核兵器共同声明の翌日ですから 1月4日、中国外務省の兵器管理局長(director general of the Foreign Ministry's arms control depa...
Joint・統合参謀本部

初の女性空母艦長で出撃:空母リンカーン

1月3日、空母リンカーンが米海軍史上初めて、女性艦長の指揮下で作戦航海にサンディエゴから出港しました。同空母の展開先は非公開ですが、第3艦隊の第3空母戦闘群の主力として、ミサイル巡洋艦Mobile Bay、ミサイル駆逐艦Fitzgerald...
安全保障全般

ミャンマーとインドネシアの武器購入

インドネシアは米制裁恐れ露戦闘機断念 ミャンマーは中古の中国潜水艦導入式典 年末のDefense-Newsが、西側との関係が微妙な東南アジア2国の武器購入の話題を報じていますので、対中国で米豪などが結束を強める中ですが、中国に物理的...
Joint・統合参謀本部

6年遅れ新型空母フォード最後の不具合修復完了

艦内11か所の兵器運搬エレベーター修復完了 遅れている戦闘システム等の搭載を22年春に終了か その後、任務態勢確立に向けた乗員訓練開始へ 6年以上完成が遅れている米海軍の新型空母フォード級の一番艦空母フォードで、遅延の根本原因だっ...
安全保障全般

UAEが米国との武器購入交渉停止表明

外交的な交渉戦術だとの見方もあるが 米国がF-35の使用制限を求めているらしく・・・ 中国軍事施設のアブダビ建設の懸念も 12月14日、UAEがトランプ政権下で合意した50機のF-35など約2兆6千億円の兵器購入交渉を「停止:su...
タイトルとURLをコピーしました