米国務省が豪州へのMQ-9B輸出許可

今後、議会承認や価格交渉があるも12機が豪州へ
関連機材や兵器やセンサー等含め約1800億円

MQ-9B.jpg4月23日、米国務省が豪州への12機の無人偵察攻撃機MQ-9B SkyGuardian売却をFMS形式で承認すると発表しました。
この承認は、あくまで米国政府として安全保障などの国際関係上問題ないとの判断を示したもので、今後米議会の承認を受け、その後に具体的な価格交渉に入るとの前段階の審査結果ですが、対中国で米国とガッチリスクラムの豪州が相手ですから、価格面で折り合えば何の問題もなく売却に進みます

MQ-9B2.jpg豪州は2018年に豪空軍用の中高度長期在空無人機の選定に入り、MQ-9 Reaperと今回承認を受けたMQ-9B SkyGuardianを候補に挙げて比較検討しているようです

MQ-9 Reaperと今回承認を受けたMQ-9B SkyGuardianの違いは、原型であるMQ-9 Reaperを改良し、有人機と無人機が同一空域で飛行可能な条件として欧州が定めた飛行規制に対応ている点です。一方で、NATOの装備規格STANAG 4671は引き続き満たしており、MQ-9の海外輸出版とも呼ばれています。

MQ-9B3.jpgMQ-9Bは2018年7月に大西洋横断に成功し、大きく報道されたところです
輸出版MQ-9であるMQ-9B SkyGuardianの購入国は、英国空軍のほか、台湾空軍が4機予定しており、ベルギーとUAEも購入を計画していると報じられています

MQ-9B4.jpgまたMQ-9の非武装型であるMQ-9ガーディアンは、米国の税関・国境警備隊で使用されており、沿岸警備隊は海洋監視用に改修した「シーガーディアン」を使用しています。日本の海上保安庁も、東シナ海の海洋監視を目的として、2020年から実証実験を行っています

国務省が承認した交渉の出発点となる価格は1800億円とされており、これには機体12機、エンジン、地上操作装置、訓練用シュミレータ、衛星通信用装置、操縦者や操作員と機体との通信装置の価格が含まれているようです

具体的な装備としては
Targeting System-D electro-optical/infrared sensors;
Lynx AN/APY-8 synthetic aperture radars;
Leonardo’s SAGE 750 electronic support measure system;
Rio communication intelligence systems; and
six Joint Direct Attack Munition tail kits が含まれているようです

MQ-9の概要:Wikipedia情報によれば
製作: General Atomics
操縦員(遠隔操作): 2名(操縦者1名、センサー員1名)
エンジン: Honeywell TPE331-10Tターボプロップエンジン、出力950 SHP(712 kW)
最大燃料搭載量: 1,815 kg (4,000 lb)
長さ: 11 m (36 ft) 翼幅: 20 m (66 ft)
機体重量: 2,223 kg (4,900 lb) 最大離陸重量:4,760 kg (10,500 lb)
最高高度: 15,200m (50,000 ft) 運用高度:7,600m (25,000 ft)
滞空時間: 14〜28時間
航続距離: 5,926 km (3,200 nmi,)
ペイロード: 3,750 lb (1,700 kg)
最高速度:482 km/h (260 knots)、巡航速度:276-313 km/h (150-170 knots)

自衛隊が海上保安庁に先を越された形です。RQ-4グローバルホークなんかじゃなくて、MQ-9にしておけばよかったのに・・・。戦闘機命派や有人対潜哨戒機命派の強固な組織防衛のため、無人機導入に関し、全てで後手後手になっている自衛隊です

関連の記事
「本格紛争対応に一部を機体改修へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-04-22
「JDAM完成弾運搬役も」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-03-04
「無人機MQ-9の対中国海上作戦への応用演習」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-09-26
「CSBAが米空軍の将来体制を提言」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-01-24
「ハドソン研:68機MQ-4では不十分」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-11-23
「米海軍のMQ-4グアム配備」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-01-29
「CSISが米空軍の無人機用に苦言」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-10-31

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました