新型空母フォードに暗雲:EMALS故障で帰港

フル航空団艦載試験開始で「歴史的」と会見の翌日
2020年運用開始予定に暗雲
未だF-35C搭載の許可なしの状態もあり・・

Ford.jfif11日付Military.comは、運用体制確立に向け最終的な詰めに入っているはずのフォード級空母の1番艦Gerald R. Ford で、フォード級空母の目玉の一つである電磁式カタパルトEMALSが6月2日に故障し、空連を中断して引き返すことになったと報じました

同空母は、当初2014年の海軍への引き渡し予定が3年遅れの2017年となり、1隻の価格も当初の1.1兆円から1.5兆円に膨らみ、従来のニミッツ級の2倍にもなったことで強い非難を浴びていますが、更に中国などの軍備増強の中、空母の脆弱性が指摘され、米国防省が「空母の2隻削減」を検討するなど、一層つらい立場に立たされています

れでも今年1月には、F/A-18E/F、EA-18G、E-2D、C-2AがEMALSや着艦拘束装置(AAG)の運用確認テストを実施し、整備員や燃料員も航空機の取り扱い試験を受け、「空母」としての能力が確認されたことの証である航空機適合性試験(ACT)完了が2月5日に公表され、2020年中の運用開始に何とか間に合いそうな雰囲気を醸し出していました

F-35C2.jpgただし、今後の戦力の中核であるF-35C型は、電磁式カタパルトでの検証が進んでいないため、同空母に搭載する目処は全くたっていない状態です。この問題は大きく、米議会はF-35適応の問題がクリアされなければ、建造中の2番艦を受け取るべきでないと主張し、会計検査院も大きな懸念事項としてたびたび取り上げています

そんな中でも今回の航海は、これまでで最大規模となる艦載航空部隊「Carrier Air Wing 8」を乗せた歴史的なイベントだと、故障前日の6月1日に艦長が記者会見で大宣伝していたのですが、その翌日に課題と言われてきたEMALSが故障し、なんとも情けない帰港となりました

11日付Military.com記事によれば
これまでで最大規模となる艦載航空部隊「Carrier Air Wing 8」とその要員約1000名を乗せた新型空母フォードは、2日に発生したEMALS(Electromagnetic Aircraft Launch System)の故障により、7日に帰港したと米海軍報道官が発表した
EMALS.jfif同報道官は、EMALSの故障の原因等は調査中だが、「power handling system」をマニュアル捜査していた際にトラブルが発生し、航空機の運用など安全面での問題はなかったと説明、帰港後に地上勤務の専門家チームも合流して細部を確認し修理すると述べた

同時に報道官は、同空母では、EMALSを使用した離発着訓練が既に3500回近く問題なく実施されており、50名以上のパイロットがEMALS搭載の空母フォードでの運用資格を取得したとこれまでの成果をアピールした
しかし一方で、これまでの離発着実績では、EMALSシステムの信頼性が確保できたと結論付けられないとも同報道官は述べ、今回の事象分析も踏まえ、システムの信頼性向上につなげていくと説明した

米海軍省のJames Geurts研究開発担当次官補は、並行してトラブル対処にあたっている同空母の兵器運搬用エレベーターについて、11台のうち5台が稼働状態になり、引き続き問題対処にあたっていると説明している
EMALS2.jfif米会計検査院は最近の報告書で、EMALSをはじめとするフォード級空母のカギとなるシステムについて、「米海軍は、カギとなるEMALSや着艦拘束装置(AAG)の試験を行っているが、その信頼性は依然として懸念材料である」、「これら中核システムの安全で安定した運用が担保できなければ、運用開始はできないだろう」と指摘していたところである
////////////////////////////////////////////////////

フォード級空母は、発電能力がニミッツ級空母と比較して3倍もあり、レーザなどエネルギー兵器の導入にも余裕で対応できる点や、EMALSも打ち出しの強さを電気的にコントロールできることから、多様な機種に使用できることなど良い点も多いのですが、ご覧の通りの難産です

Ford2.jfifトランプ大統領は2017年と2019年の2回、「電気のカタパルトはダメだ。もうやめろと海軍に言っている。今までの蒸気式がいいんだ」と発言し、その度に米海軍関係者が必死の説明を行って取りなしているのですが、アピールの場が一転「悪目立ち場面」になってしまい、泣きっ面にハチ状態の米海軍です

フォード級など米空母関連
「国防省が空母2隻削減と無人艦艇案!?」https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-22
「CSBAが提言:大型艦艇中心では戦えない」https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-01-10
「半年かけて空母の将来像を至急検討」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-12
「レーザー兵器搭載に自信」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-02-05
「国防次官が空母1隻とミサイル2000発の効果比較」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-10-20
「空母フォード:3年遅れで米海軍へ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-03
「米海軍真っ青?トランプ「EMALSはだめ」」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-05-13
「空母を値切って砕氷艦を!?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-05-19
「フォード級空母を学ぶ」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-07-20
「解説:電磁カタパルトEMALS」http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2010-12-10
「イランが米空母の2/3の大型モックアップ建造」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-06-10

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました