米国防長官室:対中国で潜水艦も無人化を強力に推進

ブログ「東京の郊外より」支援の会を立ちあげました!
https://community.camp-fire.jp/projects/view/258997
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ミサイル96発搭載で2千億円以上の現艦艇は非効率
空母2隻削減案に続き、攻撃原潜体制も見直しへ

XLUUV 2.jpg1日付Defense-Newsは国防省の内部文書を取り上げ、米国防長官室OSDが米海軍とともに進めている2045年を見据えた将来体制検討で、攻撃型潜水艦関連では、多くの予算を超大型無人潜水艦(XLUUV)に投入する方向が打ち出される模様だと報じています

エスパー国防長官の指示で今夏完成を目指し、CAPE(Cost Assessment and Program Evaluation室)を中心として進められている全省的な「a new joint war plan」作成の一環ですが、米海軍とCAPEが多数のウォーゲームやシュミレーションを通して検討を進めているもので、水上艦艇に関しては「空母2隻削減」や「大型艦艇重視から大中型無人艦艇導入推進」の方向を打ち出そうとしていると先日ご紹介しました
「国防省が空母2隻削減と無人艦艇案!?」https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-22

記事は「50隻の大型無人潜水艦」、「バージニア級攻撃原潜の予算を活用」、「同時に(有人?)攻撃原潜2-3隻の追加」とか、単に危険な敵領域近くでの攻撃用だけではなく、人間だと心身の疲弊が激しい「対潜戦・機雷戦」「情報収集」への無人潜水艦の投入との内容を紹介しており、検討途中の内容ですが、簡単にご紹介しておきます

1日付Defense-News記事によれば
XLUUV.jpg国防長官室がCAPEを活用している内部検討は、米海軍に50隻の大型無人潜水艦(XLUUV :extra-large unmanned underwater vehicles)の購入や、有人大型潜水艦をより複雑な任務に振り向けるよう推奨している。同時に2-3隻の攻撃潜水艦増強も提言するようだが、多くの予算をXLUUVに投入する方向性の模様である
米海軍はボーイングと既に、最初の4隻のXLUUV契約を約50億円で2019年2月に結び、その後5隻に拡大したが、2023年以降は毎年2隻購入する計画だといわれている

また米海軍は、一連の無人艦艇開発を進めており、より安価に打撃力向上を図るとともに、中国軍が対処しなければならない目標を増やして負担を強いることを狙っている
米国防省は本件に関し、内部検討の話で、決定したものではないとコメントを避けているが、エスパー国防長官は3月にインタビューで、数か月かけて「より軽い海軍」に向けた方向性を打ち出すと述べ、「将来の海軍や海兵隊にとって大きなgame changerになるだろう」と語っていたところである

XLUUV 3.jpg海軍評論家のEric Wertheim氏は、 XLUUVは、1隻3000億円以上する現在の攻撃原潜の任務を引き継ぐもので、本格紛争時に敵脅威下の危険なエリアで有人潜水艦に代わって任務を遂行し、敵が人海戦術で多数の人員を配したアセットで対抗してくる中、西側軍にとって今日最も高価なアセットである「兵士」を守ることができると説明し、
またXLUUVは、長時間の業務で生身の兵士が心身ともに疲弊する「対潜戦・機雷戦」「情報収集」などの任務も遂行できる可能性を持っているとも同氏は分析している

米海軍トップのMichael Gilday大将も昨年、「将来の艦隊が無人艦艇を含むであろうことは承知している。96発のミサイルを搭載する1隻2000億円以上する艦艇を必要なだけ分散配備し、猛烈なスピードで艦艇建造を進める潜在的国に対抗できないことは明らかで、考え方を変えなければならない」と述べていたところである
/////////////////////////////////////////////////////////////

XLUUV 4.jpg記事だけから見ると、国防長官室と米海軍が一体となって無人艦艇や無人潜水艦導入に進んでいるように見えますが米海軍は「新たな空母やイージス艦像」検討を並行的に進め、何としても有人艦艇の存在意義を示そうとして予算を確保しようとしており、決して一枚岩ではありません

ポンペイオ国務長官と同期生で、陸軍士官学校卒業生であるエスパー長官が夏までに取りまとめる全省的な「a new joint war plan」が、米海軍や空軍にどのような「game change」を迫るのか、注目いたしましょう。でももう夏ですよねぇ・・・

米海軍と海兵隊を巡る動き
「国防省が空母2隻削減と無人艦艇案!?」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-22
「CSBAが提言:大型艦艇中心では戦えない」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-01-10
「米海軍が半年で空母再検討」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-12
「2つの長射程対艦ミサイルを柱に」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-06
「中国対処に海兵隊が戦車部隊廃止へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-25
「5年計画で新型大型艦艇設計」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-02-14
「海洋プレッシャー戦略に唖然」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-06-13

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました