米海兵隊初:遠征軍レベルの先任軍曹に女性就任へ

2023年7月からKitashima上級曹長が沖縄の司令部に
そうです。第3海兵遠征軍の下士官トップに就任へ
お名前から日系人かな?

Kitashima.jpg11月22日米海兵隊は、2023年7月から第3海兵遠征軍(司令部沖縄うるま市:3rd Marine Expeditionary Force, 3MEF)の最先任軍曹(sergeant major)に、女性として初めてJoy Maria Kitashima上級軍曹が就任すると発表しました。

米海兵隊の主力戦闘単位である海兵遠征軍(指揮官は中将)レベルの下士官最先任に、女性が登用されるのは初めてとなります。

Kitashima2.JPGKitashima上級曹長は1976年生まれの46歳で、大学で法律准学士号を取得し、米軍のことをほとんど知らないままリクルーターの誘いに応じ、軍警察で下士官として勤務するため1996年に海兵隊に入隊しました。入隊当時は1任期で退役するつもりで海兵隊に入隊したそうです

最初の赴任地である沖縄の第1海兵航空隊で1年間最前線勤務を経験した後、MP軍警察でのキャリアをNorth Carolina州の基地でスタートしますが、当時の上官軍曹から「海兵隊の体力テストに合格している女性が、海兵隊歩兵学校の海兵隊戦闘教官として必要なんだ」と説得され、MCT海兵隊戦闘教育コースに入ります

Kitashima3.jpg「手りゅう弾ランチャーとロケットランチャーの違いも知らない全くの素人と同じ」だったという同軍曹でしたが、海兵隊下士官として任期を延長し、「知らないことでもとりあえず挑戦してみよう」との海兵隊勤務を通じての同軍曹のモットーに基づき、目の前の課題をクリアーすることで海兵隊戦闘部隊について学んでいきます

そうするうちに、軍警察兵士としてだけでなく、海兵隊員としての自身を考えるようになり、歩兵部隊や後方支援部隊にも勤務範囲を広げ、その過程でアフガニスタン、イラク、ハイチでの海外派遣も経験していきます。

Kitashima5.jpgKitashima軍曹が初めて部隊の先任軍曹となったのは、40歳になった2016年に第5海上火力リエゾン中隊で、2018年には第2海兵遠征軍情報群にランクアップして再び先任軍曹に就任します。更に2020年4月には太平洋軍海兵隊の先任軍曹、2022年からは第2海兵航空団で先任軍曹を務めている引っ張りだこの人材です。

このように6年間も各部隊レベルで先任軍曹経験を積み、満を持して米海兵隊最大の戦闘単位である海兵遠征軍、しかも沖縄と言う地元との関係が複雑で、かつ中国正面で緊張感も高い部隊の下士官トップに、日系(お名前から推測)の女性が就任するのは誇らしい限りです。

Bass5.jpg米軍の下士官女性としては、2022年8月14付で米空軍の下士官トップ(Chief Master Sgt. of the Air Force)に、アジア系女性のJoAnne S. Bass最上級軍曹が就任されていますが、より泥臭い男社会のイメージが強い海兵隊で、メジャーコマンド級最先任軍曹に女性が就任とのニュースであり、「ガラスの天井が打ち破られた」との表現がふさわしい抜擢だと思います

来年夏には、沖縄の町でお見掛けするかもしれないKitashima軍曹の武運長久を祈念申し上げます

軍での女性を考える記事
「米潜水艦の最先任軍曹に初の女性」→https://holylandtokyo.com/2022/09/02/3619/
「米海軍Blue Angelsに初の女性パイロット」→https://holylandtokyo.com/2022/07/21/3484/
「沿岸警備隊司令官に女性が」→https://holylandtokyo.com/2022/04/07/3112/
「初の女性空母艦長が出撃」→https://holylandtokyo.com/2022/01/07/2587/
「技術開発担当国防次官に」→https://holylandtokyo.com/2022/01/26/2649/
「初の女性月面着陸目指す」→https://holylandtokyo.com/2021/07/05/1935/
「黒人女性が初の海軍戦闘操縦コース卒業」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-07-12
「初の米空軍下士官トップにアジア系女性」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-06-20
「GAO指摘:女性の活用不十分」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-05-20
「初の歩兵師団長」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-06-10
「超優秀なはずの女性少将がクビに」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-06-11
「3軍長官が士官学校性暴力を討議」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-10
「上院議員が空軍時代のレイプ被害告白」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-08
「空自初:女性戦闘機操縦者」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-08-25
「自衛隊は女性登用に耐えられるか」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-09-10
「女性特殊部隊兵士の重要性」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-03-28
「Red Flag演習に女性指揮官」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-07-19
「米国防省:全職種を女性に開放発表」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-12-05
「ある女性特殊部隊員の死」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-10-27
「珍獣栗田2佐の思い」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-05-17
「2012年の記事:栗田2佐」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-06-11

 女性徴兵制度がある国
「前線にも:イスラエル」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-12-27
「究極の平等目指し:ノルウェー」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-06-16
「社会福祉業務選択肢もオーストリア」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-01-22

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様(500円/月)  yaazooyaa...
タイトルとURLをコピーしました