輸送機貨物庫から巡航ミサイル投下&攻撃試験

まずMC-130で実弾試験、来年春にC-17輸送機でも
今後パレタイズ搭載する弾種や数量増へ
輸送機内で最新の攻撃目標情報を更新し

Rapid Dragon5.jpg12月16日米空軍研究所が、輸送機の広報貨物ドアからパレット搭載された兵器を投下するプロジェクト「Rapid Dragon program」の一環で、MC-130J特殊作戦輸送機から実弾搭載巡航ミサイルを投下して模擬目標攻撃に成功したと発表しました

本プロジェクトに関しては、2020年10月に米空軍がロッキード社と契約し、プロトタイプ試験を2021年にも射程1000㎞の長射程空対地ミサイルJASSM-ERを使用して行うとロッキードが発表していましたが、今回の実弾試験がJASSM-ERだったかは不明です

Rapid Dragon.jpg今回の実弾試験までには、過去5か月間に計5回の模擬弾試験をMC-130J,、EC-130SJ、C-17A輸送機を使用して行っており、今後は2022年春にC-17から実弾投下発射試験を行う予定だということです

また、MC-130Jからの実弾投下発射試験では、1発の実弾巡航ミサイルと3発の模擬弾を同時に投下して試験したようですが、今後はパレット投下する兵器の弾種や数量を増やしていく計画があるようです。

Rapid Dragon2.jpgこの「Rapid Dragon program」では、有事に輸送所用が激増する輸送機への負荷を下げるため、輸送機内の仕様変更なしで軽易に兵器搭載・投下可能なように検討され、攻撃任務に不慣れな搭乗員への負担軽減のため極力データリンクで目標情報を自動的に搭載兵器に伝え、投下後も兵器が自律的に攻撃目標に向かうよう設計されているようです

ただし、輸送機を兵器投下母機として使用する構想には、米空軍の応援団体であるはずの米空軍協会ミッチェル研究所が2020年6月に「反対」レポートを出し、その理由として、「輸送任務を阻害する」、「長射程兵器偏重は予算的自殺だ」、「防御能力のない輸送機に搭載する兵器は長射程で大型になり数量を準備できず高価になり運搬も大変」、「最も費用対効果の高いB-21爆撃機調達を阻害する」等を挙げています

米空軍は約2年後に本プロジェクトを、プロトタイプ開発段階から作戦運用プロトタイプ製造レベルに引き上げる計画ですが、今後も「一山ふた山」ありそうな予感です

12月17日付Defense-News記事によれば
Rapid Dragon3.jpg●メキシコ湾(Gulf of Mexico)実弾試験を行った米空軍特殊作戦コマンドのMC-130J Commandoは、同機の戦闘管理システムBMSを通じて飛行中に攻撃目標情報を入手して巡航ミサイルにインプットした。このような飛行中の目標情報更新入力は初実施であった
●試験では1発の実弾と3発の模擬弾を1つにまとめてパレタイズ搭載していたが、MC-130からパレットを投下後、4発が衝突しないように順番に梱包が解けて、通常と異なりまず垂直落下して距離間隔を確保後、巡航ミサイルの翼や尾翼が展開され、エンジンに点火して自立飛行に移る方式が採用されていた

●米空軍研究所の所長であるHeather Pringle少将はまた、「Rapid Dragon program」をその名の通り、迅速な兵器開発&実戦投入のモデルケースだと語り、従来の長時間を要する従来の調達案件との相違をアピールしている
////////////////////////////////////////////

Rapid Dragon4.JPG米空軍の輸送機部隊や「輸送機族」には、対中国での作戦で「山のように膨大な」輸送任務が課せられるはずですが、その中で自ら進んで「攻撃任務」を引き受けようとしているのか、誰かの指示で「渋々」協力しているのかよくわかりません

高価な長射程兵器偏重を訴えたミッチェル研究所の懸念事項は、米空軍が繰り返し訴えている米海軍・海兵隊の長射程兵器への「入れ込みすぎ懸念」と重なるものがあり、米空軍内で本プロジェクトを誰が推進応援しているのかが気になります

輸送機からの兵器投下検討
「輸送機から長射程ミサイル投下を本格検証へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-11-01
「ミッチェル研究所は輸送機からの兵器投下に反対」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-06-19-1
「MC-130からパレタイズ兵器投下試験」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-06-01
遠方攻撃を巡り米軍内に不協和音
「空軍大将が批判」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-04-03
「米空軍トップが批判」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-02
「米陸軍トップが長射程攻撃やSEADに意欲満々」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-03-12
「海兵隊は2つの長射程対艦ミサイルを柱に」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-06

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様(500円/月)  yaazooyaa...
タイトルとURLをコピーしました