米空軍戦闘機の2021年稼働率は前年より低下

前年より改善は皮肉にも早期退役させたいA-10のみ
F-35Aはエンジン問題で今後数年低位安定へ

F-35.jpg11月22日付米空軍協会web記事が米空軍戦闘機クラスの2021年「稼働率:Mission capable rates」を取り上げ、具体的にF-35A、F-15E、F-15CとD、F-16、F-22、A-10の稼働率を2020年との比較や結果の背景から紹介し、米空軍が早期退役を望むA-10のみが前年から稼働率上昇との皮肉な結果が明らかになっています

ここで紹介している「稼働率」は、各機種に与えられた任務(F-16の場合、空対空、空対地、SEAD)の中で、どれか一つでも実施可能であれば「稼働機」とみなしてカウントする統計で、全ての任務が可能な状態を示す「完全稼働率:full mission capable rate」(非公開データ)とは異なります

F-22 iwakuni2.jpg各軍種が新型機の導入には積極的ながら、足元の保有機稼働率低下放置を問題視していた当時のマティス国防長官は、2018年10月に主要戦闘機(F-22、F-35、F-16、FA-18)の稼働率80%を達成せよと指示しましたが、一時的にF-16とFA-18が達成したのみで、同長官退任後は「単純な稼働率80%目標は、部隊任務達成度合いに比例しない」と海空軍が反発し、従来からの部隊ごと&機種ごとの目標設定に回帰しています

限られた予算内で老朽化が進む戦闘機を維持するのは単純ではなく、前線に派遣された部隊は優先的に部品の配分等を受け100%近い稼働率を達成可能ながら、派遣先から帰隊後は部品配分優先度が下がり、稼働率も急降下する実態もあり、「稼働率」だけでは部隊状態を判断するのは難しく、稼働率が「部隊任務達成度合いに比例しない」との各軍種の主張には一理あります

F-16 2.jpgしかし以下でご紹介する各戦闘機クラスの稼働率は、コロナ影響をまともに受けた2020年からだけでなく、2019年と比較しても低下している機種が大半で長期低落傾向が感じられ、米空軍が訴える機体老朽化の一端や新機種導入偏重が伺えます

【ご参考:2022年度予算案の米空軍背景資料】
●米空軍が旧式アセット早期引退を急ぐ背景
— 航空アセットの44%が当初の運用寿命オーバーで使用中
— 米空軍航空機の平均年齢は28.6歳 老朽化
— ちなみに米陸軍は15.3歳、海軍は14.4歳
— 豪空軍は8.9歳、英空軍は16.6歳

22日付当該記事によれば各機種の稼働率は
●F-35A
・ 2020年76.01%が、2021年68.8%
同機が最初のエンジンオーバーホール時期を迎え、エンジン耐久性問題もありエンジン不足で稼働率が低下している。計40機がエンジン不足で非稼働状態
国防省F-35計画室は、この状態がseveral years続くと予期
●F-15E
・ 2020年69.21%が、2021年66.24%
・ 2019年は71.29%で継続的低下

●F-15CとD
・ 2020年71.73%が、2021年69.48%
・ 2019年は70%台 F-15は計画耐用年数を超え、様々な運用制限下で運用 部品枯渇多数
●F-16CとD
・ 2020年73.9%が、2021年71.53%

●F-22
・ 2020年51.8%が、2021年50.81%
2019年50.57%で継続的に50%前後。2018年のハリケーンで10機が大損害受け非稼働で、かつステルス塗装や部品不足で低迷
・ 約1兆円の改修計画にも稼働率アップ対処も?
●A-10
・ 2020年71.2%が、2021年72.54%
システムが他機に比しシンプル(センサー数小)、整備員にベテラン多数
////////////////////////////////////////////////////////

F-35Aの維持費高止まりで調達機数は増えず、F-15EX新規導入はあるものの、第4世代機の稼働率に回復を期待するのは無理があることから、稼働率の長期低下傾向は避けがたいのが現状かもしれません

主要戦闘機の稼働率問題など
「Lord次官:F-35稼働率の状況」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-01-21
「8割目標を放棄」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-05-08
「海軍FA-18は何とか達成?」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-09-25
「米空軍はF-16のみ達成可能」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-09-06
「戦闘機稼働率8割への課題」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-12-09
「マティス国防長官が8割指示」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-11
「B-1爆撃機の稼働機一桁の衝撃」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-06-05
「2Bソフト機は稼働率4割台」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-03-10-1
「2/3が飛行不能FA-18の惨状」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-02-07
「世界中のF-35稼働率は5割」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-03-03-3
今頃になってF-22改修契約
「1兆円越えの近代化へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-11-07

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました