今年2回目の無人機対処兵器の実地評価テスト

多様な提案をジャンル別に年2回ペースで統合オフィスが評価
4月は副次的被害が少ない兵器を空軍主導で評価
今回は陸軍中心に個人携帯のオプション評価

JCO2.jpg24日付Defense-Newsは、無人機対処兵器選定のため、米軍JCO(統合小型無人機対処システム:Joint Counter-Small Unmanned Aircraft Systems Office)を中心として年2回ペースで実施されている企業提案評価実地テストで、8月末から実施された今年2回目の様子を紹介しています

同様の評価テストは今年4月にもJCO監督のもと米空軍主催で行われ、その際は「副次的被害の少ない」提案(無人機を無人機で捕獲、捕獲網やひも付き弾丸で無効化など)の評価でしたが、今回は陸軍主導で、個人携帯型タイプなどが5種類の提案を対象に実施された様です

JCO.jpg各提案装備の成熟度は様々で、約3週間の評価期間開始当初は不十分な出来だった提案を期間中に改良し、主催者が準備した「複数の脅威シナリオ」に対応した提案もあったようですが、国防事業に新規企業を呼び込む狙いもあるようで、今後も同様の提案評価試験が継続して行われる計画です

今回の評価テストの結果は30日以内に参加企業に通知され、合格企業は直ちにプロトタイプ製造契約に移行するようで、迅速な開発&調達の姿勢も大事にしているようです

各提案の細部中身まで把握できませんが、どのような提案がどのような条件で評価されているのかの概要をご紹介し、喫緊の課題である小型無人機脅威への懸命の取り組みにアプローチしたいと思います

24日付Defense-News記事によれば
IXI’s DroneKiller.jpg●評価テストは4月と同じアリゾナのYuma試験場で実施され、8月30日から9月17日の間に、JCOと米陸軍RCCTO(Rapid Capabilities and Critical Technologies Office)が協力して行った。

●今回の評価テストのテーマは「地上からの経空脅威拒否Ground-Based Aerial Denial」で、目標への終末誘導をせず、複数又は単独の目標を破壊または無効化するタイプが対象となる。ただし、地上発信の無線周波数帯を利用のサイバーや電子線攻撃は含まない
●また、目標無人機1機あたりの対処コストが160万円以下であることが条件となっている

●評価テスト対象の5機種は
・敵無人機に接近すると破裂し、破片で相手を無効化する弾丸
— Northrop Grumman’s XM1211 30mm Proximity Round,

・個人携行の通常小火器から弾丸発射可能
(個人携行型小火器タイプは、既存の小火器に装着して使用でき、重さ11㎏(24 pounds)以下、単価400万円以下)
— Smash Hopper from Smart Shooter(5.56mm弾)
— Flex Force’s Agile Small Deflection Precision Stabilized Weapon System(7.62mm弾),

・電子戦利用の無人機無効化兵器
— IXI’s DroneKiller
— DroneGun MKIII from Drone Shield.
////////////////////////////////////////////////////////

Smash Hopper2.jpgJCOは2019年後半に設立され、2019年11月に米陸軍が主導するよう国防長官が指示した組織です。国防省は小型無人機対処装備の要求性能をいくつかのタイプ別に2020年9月に設定し、JCOはその要求性能を基礎に評価テストを行っているようです
JCOは既に40以上の提案を評価しており、併せて敵脅威情報に基づき更なる改良を促しているようです

この分野に限りませんが、今後の軍事技術発展には、民間の自由で柔軟な発想の活用が不可欠であり、小規模なベンチャー企業でも参加が比較的容易なこの分野が、軍需産業界活性化の突破口として期待されています

今年1回目の4月の評価テスト
「オプション試験中」→https://holylandtokyo.com/2021/04/19/110/
無人機対処にレーザーや電磁波
「HOR:強力電磁波で大量の小型無人機を同時無効化」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-06-22
「カタール配備のC-UASと陸軍のIFPC」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-05-20
「国防省が小型無人機対処戦略発表」→https://holylandtokyo.com/2021/01/12/295/
「小型ドローン対策に最新技術情報収集」→https://holylandtokyo.com/2020/10/30/445/
「米海兵隊の非公式マニュアル」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-07-31
「ドローン対処を3-5種類に絞り込む」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-12-14
「米軍のエネルギー兵器が続々成熟中」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-10-30-1

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました