2021-08

米空軍

最初の無人戦闘機(LCAAS)は5世代機の敵役に

(戦闘機族のボス)米空軍戦闘コマンド司令官が語る 「F-35調達機数削減意見を空軍内で聞いたことがない」 3日、米空軍戦闘コマンドACCのMark Kelly司令官が講演で、開発中の無人戦闘機(LCAAS:low-cost attr...
Joint・統合参謀本部

米議会が陸軍に戦闘車両の無人機対策を問いただす

ミサイルやRPGや迫撃砲対処を優先してきた陸軍へ アルメニア軍が大損害を受けた衝撃がここにも 世界中の地上部隊共通の課題です 7月28日公表の2022年度予算関連法で米下院が米陸軍に対し、戦闘車両に対する無人機や無人兵器の脅威見積...
Joint・統合参謀本部

次の在日米軍司令官は輸送機パイロット

アジアでは嘉手納航空団副司令官や在韓司令官補佐官を 在イスラエル駐在武官経験あり 最近まで米首都防衛を担う空軍司令官 11日、米上院が夏休みを前に国防省や米軍高官の人事審議を行い、次の在日米軍司令官(兼ねて第5空軍司令官)を7月ま...
ふと考えること

再掲載:「玉音放送」を読む

9年前の記事ですが・・・この季節にあらためて・・・ //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 本日は、終戦の詔勅...
ふと考えること

再掲載:「先の大戦」「あの戦争」を何と呼ぶべきか

約10年前の記事ですが、状況に変化なし・・・ ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////...
ふと考えること

再掲載:日本戦前の南洋諸島進出を学び中国を警戒

終戦の日を前に、「先の大戦」を静かに振り返りたい 「松江春治」と「南洋興発」、日本人なら覚えておきたい名前です 2020年3月末に、防衛研究所の庄司潤一郎(研究幹事)が「日本の南進と南洋興発-中国の太平洋進出への示唆」との本文6ペー...
ふと考えること

再掲載:終戦の日を前に「戦争と平和」を考える

この季節になると思います・・・ 毎年、広島や長崎に原爆が投下された日、そして終戦の日が近づくと、日本のメディアから目をそむけたくなります。昨年から続く、コロナ対策や五輪批判に関する報道にも同じものを感じますが・・・ 垂れ流される...
米空軍

米空軍トップ出演の兵士募集映像が話題

「四の五の言うな。Brown大将だ。空軍へ来たれ」 多様性受容に関する陸軍映像には炎上しコメント閉鎖事例も 7月17日の米プロバスケットNBAファイナルTV放送の直前に放映された、米空軍作成のBrown空軍参謀総長が自ら語りかける新...
米空軍

米空軍爆撃機は今後5~7年間の管理が悩ましい

B-21の初飛行&導入開始とB-1やB-2の段階退役タイミング 併せてB-52のエンジン換装などによる非稼働機発生 一方で維持整備費の縛りから4機種同時運用は困難で 14日、米空軍協会のイベントに米空軍司令部計画部長David N...
安全保障全般

20年ぶりドイツ艦艇もアジアへ向け出航

南シナ海を通過し、豪州、グアム、東京と上海にも寄港 8月2日、ドイツのKramp-Karrenbauer国防相がドイツ海軍のフリゲート艦バイエルン(Bayern)をアジア太平洋地域に派遣すると発表し、2020年に発表したアジア太平洋問...
タイトルとURLをコピーしました