無人ウイングマン試験機が多用途ドローン投下試験成功

FacebookとTwitterもご活用ください!
Facebook→http://www.facebook.com/holylandsonettokyo
Twitter→https://twitter.com/Mongoose2011
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

豪州も3機導入し各種試験中のXQ-58A Valkyrieから
6回目のXQ-58A飛行試験で初の内装爆弾庫からの投下試験

XQ-58A ALTIUS.jpg3月26日、米空軍研究所とKratos社が協力し、無人ウイングマン構想の研究機体であるXQ-58A Valkyrieから、ALTIUS-600小型無人機を投下飛行させる試験に成功しました。この際、XQ-58Aの内部爆弾庫(internal weapons bay)を初めて使用し、この面での試験にも成功したとのことです

この無人ウイングマン構想は「Skyborg構想」と呼ばれ中国やロシアなどの強固な防空網を持つ敵との本格紛争を想定し、現在は有人機がすべてを担っているISR偵察や電子戦や攻撃などの任務を、安価で撃墜されても負担が少ないながら、人工知能等活用で多様な任務遂行可能な無人機に実施させようとの開発構想です

Skyborg3.jpg例えば、リスクの高いエリアでのISR任務を無人機が担当し、有人機は敵から遠い空域に在空して無人機からの入手情報を基に指揮統制をしたり、無人機が兵器を多量に搭載してシューターの役割を担い、有人機が各種情報を基に無人兵装機を誘導するなど、様々な任務分担が想定されています

本構想実現に向け昨年2020年12月に、「Kratos社」のほか「Boeing」「General Atomics」社が、以下のような要求性能概要に沿って、今年7月から「Skyborg構想」のデモ機飛行を行う契約を米空軍と結んだところです

大きな戦闘力を発揮しつつも、現有の有人戦闘機に比して維持整備の負担を最小限に抑えなければならない
モジュラー式で多様なハードとソフトを搭載可能で、多様な任務に対応可能。またソフトは迅速にアップデート可能
繰り返し使用可能で使い捨てを前提としたものではないが、低コストで任務遂行中に失われても損害が軽微

ALTIUS-600 2.jpg今回、小型無人機を投下したKratos社のXQ-58A Valkyrieは、恐らく3社のデモ機に提供する基礎技術開発用機体の位置づけで、今回が6回目の試験飛行らしいですが、豪州も同じ機体を昨年5月に豪州首相も隣席の式典で大々的に受け入れ、計3機で試験検討を行っており、米豪空軍協力の象徴ともなっています

他にもXQ-58Aはこれまで、基本的な飛行試験の他、5世代機F-22やF-35を交えた通信中継機としての機能試験などを行ってきており、早ければ2023年にも無人ウイングマン(Skyborg)の仕様を固めたい米空軍の構想(2019年当時の空軍高官の発言)に沿っていろいろ試しているようです

この試験だけで、どうこう言う段階ではありませんが、無人機ウイングマン構想との米空軍だけでなく西側同盟国にとって重要な構想の1段階ですのでご紹介しておきます

5日付Defense-News記事によれば
XQ-58 Valkyrie.jpg5日米空軍は、3月26日にアリゾナ州Yumaの試験場空域で、Kratos社ステルス形状無人機 XQ-58A Valkyrieの内装爆弾庫から、「ALTIUS-600」小型無人機を投下&飛行させる試験に成功したと発表した
「ALTIUS-600」小型無人機は、機体前方に約3kgのセンサー等搭載機材を乗せ、計約13kgの総重量で飛行する無人機で、投下当初はチューブ状の形状で落下し、姿勢が安定した時点で翼などを展開し、電磁波情報収集、電子妨害、ISR、無人機妨害など多様な任務への使用が想定されている装備であ

ALTIUS-600.jpg米陸軍も、「ALTIUS-600」をヘリや移動車両、更には無人機MQ-1C Gray Eagleから投下や射出する試験を昨年から行っており、機体の高い潜在能力に期待が集まっている装備である。様々な母機や発射機から投射する際の、翼展開や推進システム駆動のタイミングにノウハウ蓄積が重要と言われている
米空軍のXQ-58A計画担当者は、今回の試験ではALTIUS-600投射の他に、従来より高高度をより高速で飛行する試験も実施し、30か月間のXQ-58A開発が単なるコンセプト実証から、実戦的な能力証明段階にまで達していることを示していると自信を示した
///////////////////////////////////////////////////////////

「ALTIUS-600」小型無人機は、事前プログラムで飛行させるほか、地上等からリモコン操作も可能な無人機で、安価ながら平地があれば着陸させて再利用の可能な無人機だそうです

Skyborg2.jpgXQ-58A Valkyrieがどこまで試験を続けるのか、「Kratos」のほか「Boeing」「General Atomics」社の3機種のデモ機との関係はどうなるのか、無人ウイングマン構想(Skyborg)はどのような運用構想までを狙っているのか等々、興味は尽きませんが、引き続き続報を待ちたいと思います

無人機ウイングマン構想
「Skyborg構想デモ機製造3企業決定」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-12-09
「無人ウイングマンのデモ機選定開始」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-05-21
「米空軍の無人ウイングマン構想」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-05-27
「XQ-58AのRFI発出」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-04-06
「XQ-58A 初飛行」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09-1
「空母搭載の小型無人機」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-03
「空軍研究所が関連映像公開」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31-3

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました