戦術のメッカNellisに新バーチャル訓練センター

実機訓練に同センターから高度なバーチャル敵を提供可
将来は他軍種や世界各地からの参加も可能に

VTTC USAF.JPG8月24日付Military.comが、約40億円をかけて米空軍がネリス空軍基地に建設し、17日の週に開所式が行われたばかりの「VTTC:Virtual Test and Training Center」について取り上げ、実環境では戦場環境を再現できない中国やロシアの強固な防空圏での訓練や、第5世代機の最大能力を発揮させる状況設定での訓練を、バーチャル環境で実施可能な設備が出来上がったと紹介しています

第5世代機、高度な電子戦装備、高性能地対空ミサイル等の高性能兵器や、サイバーや宇宙ドメインでの発生状況を、一般国民生活に影響を与えず限られた演習場エリアで再現することが困難となる中、各種・各基地のシミュレーターを連接して、実環境では不可能な訓練環境を設定する試みが米軍内で進んでいますが、そんな取り組みの大きな柱となる施設が米空軍にオープンした模様です

今後、機能付加する必要がある部分がまだまだ残っているようですが、このような訓練施設は使いながら機能を拡充していくのも重要なことですから、今後の発展に期待してご紹介いたします

8月24日付Military.com記事によれば
VTTC USAF2.jpg約6000平方メートルの広さを持つ「Virtual Test and Training Center」の稼働により、例えば、実機でRed-Flag演習に参加しているパイロットに、実環境では準備できないレベルの脅威を追加でバーチャル脅威として提示し、対処訓練をさせることも可能になる。実環境とバーチャル環境の融合を狙っているのだ
同センターを配下に持つ「Air Force Warfare Center」長のChuck Corcoran少将は、「中国やロシアと対峙した際に米軍が直面する脅威を訓練で提示できる演習場は、米軍の統合レベルに存在しなかったし、米空軍にももちろんなかった。だから我々は各種データを集め、バーチャル環境でこれを必要な規模と視野で実現することに取り組んだ」と説明した

同センター内に、今後F-15Eシミュレーターを建設するほか、既にネリス基地内に所在するF-35、F-22、F-16戦闘機のシミュレーターを、同センターと連接してバーチャル環境に組み込む予定もある
VTTC USAF3.jpg「世界中で発生しうる如何なる紛争もこのセンターで再現や提示ができる」と同センターのDuncan中佐と述べ、「米軍他軍種や同盟国の航空機をRed-Flag演習に提示することができ、同じ空間を飛行して訓練しているかのように訓練可能となる。最終的には世界中から演習に(バーチャル空間で)参加可能になろう」と同センターの能力を説明した

米空軍としては同センターを、政府が保有する第5世代機以上のアセットの試験評価が可能な「Joint Simulation Environment」と連接したいと考えており、同中佐は「これにより、訓練手法を一世代飛躍させることになり、実空間では困難な新戦術や技術・手順の検証が可能となる」と胸を張った
同中佐はまた、同センター建設に費やした初期投資は大きいかもしれないが、今後はネットワーク通信費のみで、現実環境では不可能な規模やレベルの訓練を実施でき、新たな戦術戦法の開発検証が可能になるとその効果を説明した
//////////////////////////////////////////////////

VTTC USAF4.jpg「Air Force Warfare Center」との組織の内部に、縦横80mぐらいの敷地の「The Virtual Test and Training Center」が新たに開設されたと言うことです。ご紹介している写真は、開所式のテープカット模様とラスベガスの近傍基地らしいバーチャル訓練センター開設のポスターです

航空自衛隊はバーチャル訓練環境面ではどの程度のレベルにあるのでしょうか? F-35機体購入費だけで財布が空になり、訓練費も維持整備費も、バーチャル訓練環境も置き去り・・・、ついでにネットワーク環境整備も不十分なので、ネリス基地との連接も困難・・・との状態でないことを祈ります

余計な話ですが、「Air Force Warfare Center」長のChuck Corcoran少将は2019年7月から現職ですが、その前任者が女性問題で更迭・退役となったことから急遽就任した方です。ブログ読者の皆様、気を付けてくださいね

5世代機とバーチャル訓練
「F-35新型シム装置で他基地他機種とも」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-07-02
「DMT構想について」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-12-06
「米空軍が人工知能シム訓練アイディア募集」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-06-26
「5世代機のため訓練エリア拡大要望」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2018-12-09-1
「5世代機の訓練はシムと実機併用で」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2016-11-24-1
「シム訓練でF-22飛行時間削減へ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-04-11-1
「F-35SIM連接の課題」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-12-05
「移動簡易F-35用シミュレーター」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-12-02
「5世代機はバーチャル訓練で」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-08-28-1
演習環境に関する記事
「過去最大のサイバー演習を完全リモート環境で」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-06-22
「太平洋軍の演習場が不十分」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-29-1
「太平洋軍司令官が議会に要望」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-29

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました