米統参議長「危機の米国に手を出すな。痛い目にあうぞ」

国防長官と統合参謀本部議長が会見
米軍の即応態勢には全く影響ない
色々ちょっかいがあるんでしょうねぇ・・・

Corvid19.jpg9日、エスパー国防長官とMark Milley統合参謀本部議長がインターネット放送を行い、Milley統合参謀本部議長が、米軍の即応態勢には影響がなく、「米国が困難に直面している時に、敵対者がこの機を悪用しようと考えたりすれば、それは恐ろしい間違いで痛い目にあう」と警告しました

米軍には州兵や予備役を含めて230万人の戦力があり、9日現在で2000名弱の感染者が米軍兵士に出ているが、米軍全体の0.1%にも満たない状況であり、米軍の作戦遂行能力には全く問題がないとの主張です

また、州軍兵士29000名、正規米軍兵士17000名がコロナ対処に従事し、全米の医療機関の支援や病院外受け入れ施設での対応に当っていると説明しています

Crozier.jpgまぁ・・・感染者多発の空母ルーズベルト艦長更迭→同空母乗員の不満爆発→海軍長官が自ら乗り出すも不満更に爆発しSNS上に流出→海軍長官更迭との、最前線部隊の見苦しい状態をさらけ出した米軍トップとしては、その健全性を訴えざるを得ないところでしょう
「アジア派遣中の空母ルーズベルト騒動」https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-08

また先日ご紹介したように、米海兵隊がこのタイミングでサイバー対処部隊を始めてアジア展開中の艦艇に派遣し始めたように、米国や西側同盟国を試そうとする「ちょっかい」がサイバーや宇宙や陸海空ドメインで始まっていると感じさせる事象もありますので、Milley統合参謀本部議長は「イエローカード」を敵対国等に出したものと解釈できます
「アジア活動中の艦艇にサイバーチーム初派遣」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-08

いずれにしても、このような厳しい状況の際には、リーダーが先頭に立って「旗を振る」ことが大切ですので、ご紹介しておきます

9日付Military.com記事によれば
COVID-19.jpg9日、エスパー国防長官とMark Milley統合参謀本部議長がインターネット放送でメッセージ発信を行い、「トンネルの向こうに明かりが見えてきた」とコロナとの戦いに関する見通しを述べ、米軍の状況について、感染者はごく一部で、あらゆる事態への即応態勢には揺るぎがないと語った
特にMilley統合参謀本部議長は敵対国を意識し、「米国が困難に直面している時に、敵対者がこの機会を悪用しようとすれば、それは恐ろしい間違いで痛い目にあう」、「米軍は米国民を守るための如何なる作戦にも精通し、遂行する能力を十二分に備えている」と訴えた

9日時点で、1898名がコロナ感染(389 soldiers, 367 airmen, 164 Marines, 597 sailors and 381 National Guard)しているが、約230万人の米軍全体からすれば僅かな割合であり、同議長は「今日も明日も即応状態にある」と述べ、
エスパー国防長官は付け加え「私には如何なる任務をもこなしていく絶対的な自信がある」、「なぜなら、米軍の各級指揮官や下士官たちが、我がメンバーを守る手立てを打ってくれているからだ」と語った

●更に国防長官は、米軍内の感染率が0.09%と、一般社会の0.13%より遥かに低いのは、早い段階の2月3日からコロナ対応の指示を国防省内に出し、感染防止に先行的に取り組んできたからだと説明した
また約5万名の米軍や州軍兵士がコロナ対策の前線支援に当っていることに関しHyten統合参謀本部副議長は、多くの医療関係兵士が、一般病院のスタッフに感染者が出た穴を埋めたり、医師や看護師が休息を取る間のバックアップ要員として献身的な働きを見せていると説明した
//////////////////////////////////////////////////

COVID-192.jpg発言の内容を見ていると、やはり「空母ルーズベルト」問題が米軍内外に波紋を起こし、兵士の心に動揺を与えていることが伺えますし、軍内にこれ以上の影響を及ぼさないようにするためのネットTV出演だったような気がします

更に「万全の即応態勢」については、中国正面から空母1隻が消えた今となっては苦しい言い訳ですが、爆撃機や潜水艦やミサイルが態勢を執っているのは間違いのない事実ですので、中国やロシアや北朝鮮は、自国内のことをまず心配してほしいものです

20世紀初頭に流行したスペイン風邪では、2度、3度と感染のピークが現れる長期戦となったようで、今回のコロナとの戦いでも長期戦を覚悟すると共に、「大恐慌以来で最悪」と見積もられる近未来の経済危機と安全保障の危機に、覚悟を決める必要がありましょう

米国防省とコロナ
「アジア活動中の艦艇にサイバーチーム初派遣」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-08
「アジア派遣中の空母ルーズベルト騒動」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-27
「米国防省コロナの影響と対応」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-27

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました