B-21爆撃機の初披露は12月第1週に

初飛行は2023年になると米空軍調達担当次官が
1988年11月のB-2初披露以来の新型爆撃機お披露目へ

B-21 5.jpg9月20日、米空軍省のAndrew Hunter調達担当次官が記者団に対し、細部は検討中だがB-21次期爆撃機の初披露を今年12月の第1週に行うと明らかにし、初飛行については2023年予定と語りました。

米空軍発表を受け、開発製造を担当するNorthrop Grumman社(B-2爆撃機も担当)は声明で初飛行時期について、現在実施中の地上テストの結果次第だと述べるにとどめていますが、B-2爆撃機のケースでは初披露が1988年11月で、初飛行は翌年1989年7月だったと記録されています。また同社声明で、現在6機のB-21爆撃機が加州Palmdaleの工場で製造中だとも説明しています

Hunter AF.jpg同社5月のプレスリリースでは、B-21の一番機は振動試験などの機体構造強度を確認する一連の第1段階試験を終了し、エンジン試験、サブシステム試験、ステルス塗装の確認を今後行うと明らかにしていたところです

更に加州Palmdale工場で各種速度で地上滑走テストを行った後、同工場から同じ加州内の各種新装備品テストのメッカEdwards空軍基地に「飛行移動」し、正式な初飛行試験はEdwards空軍基地離陸で行われる予定だと既に明らかにされています

B-21 B-2.jpgB-21の最初の配備基地は、現在B-1B爆撃機の母基地であるサウスダコタ州Ellsworth空軍基地で、その後ミズーリ州のWhiteman空軍基地(B-2配備中)とテキサス州のDyess空軍基地(B-1B配備中)に順次配備される予定だそうです

導入機数については、機種選定時には100機程度と見積もり前提が設定されていましたが、その後米空軍内からは、「最低でも100機」、「170機は必要だ」「最低でも170機だ」等々と年々要求機数が膨らんでいる状況です。
/////////////////////////////////////////////
B-21 8.jpgB-21爆撃機開発は、他の装備品開発と比較して順調に推移しており、2021年6月、当時の爆撃機部隊GSC司令官が「なぜ遅れないのか」と報道陣から問われ、「要求性能の変更を拒否しているからだ」、「必要なことに焦点を当て、ゴールすることに注力している」と答えていたことが思い出されます

2019年7月末に時の空軍副参謀総長が「開発順調なB-21爆撃機の初飛行は、今日から863日後の2021年12月3日予定だ」と豪語したこともありましたが、その後2021年前半には「機体を初披露後、2022年の中頃に初飛行予定」との話になり、更に今年5月20日に米空軍報道官が一切の理由説明なく「B-21爆撃機初飛行の予定は来年2023年となる」と明らかにし、様々な噂が飛び交ったところです

Warden2.jpgそれでも2022年4月末には開発製造企業Northrop Grumman社CEOが、「空軍から(優秀な開発ぶりが評価され)報奨金約80億円を授与されることになった」と自慢していたくらいに安定した道のりを歩んできたB-21ですので、「12月第1週」のお披露目に期待したいと思います

なお、価格については、1機550億円以下が機種選定時の設定でしたが、製造企業が「報奨金」を授与されるくらいですから、物価上昇分の範囲で収まっているのだと推定します

B-21爆撃機の関連記事
「初飛行は2023年にずれ込み」→https://holylandtokyo.com/2022/05/23/3269/
「製造企業CEOが80億円ゲットと」→https://holylandtokyo.com/2022/05/16/3202/
「無人随伴機も鋭意検討中」→https://holylandtokyo.com/2022/03/24/2938/
「6機製造中」→https://holylandtokyo.com/2022/03/01/2711/
「B-21を5機製造中」→https://holylandtokyo.com/2021/09/27/2270/
「下院軍事委員長も絶賛」→https://holylandtokyo.com/2021/06/23/1896/
「格納庫写真から大きさを推定する」→https://holylandtokyo.com/2021/04/07/101/
「初飛行は2022年半ばか」→https://holylandtokyo.com/2021/01/20/302/
「開発状況」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-08-15-1
「2021年12月3日初飛行予告」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-07-29
「初期設計段階終了」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-30
「米空軍の爆撃機体制計画」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17-2
「2017年3月の状況」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-03-20
「B-21に名称決定」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-02-27
「敗者の訴え却下」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-02-17
「敗者がGAOに不服申し立て」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-11-07
「結果発表と分析」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-10-28

米空軍爆撃機の話題
「爆撃機管理は今後5-7年が多難」→https://holylandtokyo.com/2021/08/06/2024/
「B-52から重力投下核任務除外」→https://holylandtokyo.com/2020/01/29/877/
「B-1早期引退でB-21推進?」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-09-19
「B-1とB-2の早期引退に変化なし」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-02-19
「2018年春時点の爆撃機構想」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17-2

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様(500円/月)  yaazooyaa...
タイトルとURLをコピーしました