ミャンマーとインドネシアの武器購入

インドネシアは米制裁恐れ露戦闘機断念
ミャンマーは中古の中国潜水艦導入式典

F-15EX Eglin.jpg年末のDefense-Newsが、西側との関係が微妙な東南アジア2国の武器購入の話題を報じていますので、対中国で米豪などが結束を強める中ですが、中国に物理的にも経済的にも近いアジア諸国は様々な状況にあることの事例としてご紹介いたします。

一つは、インドネシア空軍の戦闘機選定で、ロシア製のSu-35 Flanker-E購入を交渉していましたが、米国から経済制裁を受ける恐れがあるため断念し、米国製F-15EXと仏製Rafaleの2機種から選定することを明らかにした件です

Ming-class5.jpgもう一つは、ミャンマー軍が中古の中国製Type 035(明型潜水艦:Ming-class submarine)1隻を導入し、受け入れ式が12月24日に軍事政権トップ臨席で行われた件です

インドネシアが露戦闘機を断念し米&仏機で選定
一時は中古のオーストリアTyhoonにも興味
露製兵器購入で米国からの制裁恐れ

F-15EX Eglin2.JPG12月22日付Defense-Newsは、Fadjar Prasetyoインドネシア空軍参謀総長が記者団に対し、交渉してきたロシア製戦闘機Su-35 Flanker-Eではなく、米国ボーイング製のF-15EXと仏Dassault製のRafaleの2機種から選定すると明らかにしたと報じています

インドネシア空軍は、米空軍中古F-16C/D型とSu-27/30 Flankers を運用していますが、空軍力強化のため2-3個飛行隊を4.5世代機で編成しようと構想し、2015年にはまず11機のSU-35を導入することを決定しましたが、2018年までのロシアとの交渉は契約に至りませんでした

typhoon4.jpgその後インドネシアは2020年7月に、欧州のオーストリアが2002年から導入した15機のEurofighter Typhoon戦闘機を全て中古購入したいと提案しています

オーストリアでは、タイフーン戦闘機購入を巡り汚職問題が浮上し、あわせて同戦闘機のコストと能力にも疑問の声が上がり、「2017年に同戦闘機の早期退役を決定」した事を受けインドネシアが動いたと報道されていました

Rafale3.jpgこのように様々な経緯を経たインドネシアの戦闘機選定ですが、Defense-NewsはF-15EXとRafaleでの機種選定決定について、米国で2017年に成立した経済制裁法により、イラン・北朝鮮・ロシアから兵器を購入した国に制裁を課すことを定めたことで、ロシア製戦闘機を断念せざるを得なかったと説明しています

インドネシアのメディアは、F-15EXを選定したとして、同機の導入開始は2027年以降になると報じており、まだまだ色々ありそうな雰囲気です

ミャンマーが中古の中国製潜水艦を導入
Type 035明型潜水艦:Ming-class submarine
全長78m、1500トンのディーゼル潜水艦
細部不明も1990年代建造の潜水艦か

Ming-class6.jpg12月24日、2月に誕生したミャンマー軍事政権トップが臨席する中、中国から購入した中国製Type 035明型潜水艦(Ming-class submarine)の受け入れ式典がミャンマー海軍基地で行われました

ミャンマーは、2020年3月にインド海軍からロシア製のキロ級潜水艦1隻を中古購入しており、2隻目の潜水艦導入となりました。また式典では6隻のミャンマー製20m級の河川警備艇の就航も披露された様です

Ming-class.jpgType 035明型潜水艦はソ連のロメオ級潜水艦をベースに中国海軍用に計22隻建造されたディーゼル潜水艦です。

全長78m・1500トンの同潜水艦は、最初の2隻が1975年、3隻目は1982年に進水、その後は建造は途絶えましたが、1988年ごろから水中雑音を低減した035A/G型(明改-I型)として2002年まで19隻が建造されています

2017年には、その内2隻がバングラディシュ海軍に売却されて再就役しています

Ming-class2.jpg12月19日には、中国の国旗を掲げた同型潜水艦がシンガポール海峡を通過して西進するのが確認されており、その後SNS上でミャンマーの河川をミャンマー海軍のボートにエスコートされ航行する様子がアップされていました

中国はミャンマー軍への主要な武器提供国の一つで、C-802対艦ミサイル、JF-17戦闘機やY-8輸送機も中国から購入しており、同国で軍事政権が誕生して西側諸国から制裁を受ける中、中国との接近が注目されているところです
/////////////////////////////////////////////////

Rafale2.jpg中国製の潜水艦は、Ming-classだけでなくより新しいS26T型がタイに輸出されています

中国経済の「ほころび」が、様々な形で明らかになりつつありますが、リーマンショックの後で世界経済を支えたのは中国経済で、日本企業の多くが中国需要に支えられているのも事実です
2022年はますます難しい年になりそうです

インドネシア関連の記事
「インドネシアがオーストリアに中古戦闘機購入打診」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-07-21
「F-16購入可能性国でもあるらしい」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-23
「米国がFMSで小型無人偵察機を」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-07-22
「米軍の活動拠点を」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-02-16-1
「KF-X計画インドネシアが2割負担」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2016-05-28

ミャンマー関連の過去記事
「米国の海洋演習AUMX開始」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-09-03
「落日の雰囲気漂うミャンマーは大丈夫か?」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2016-12-04
「自衛隊トップがミャンマー訪問」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-05-28
「スーチー女史は英国スパイ?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-01-13-1
「印とミャンマーと日本」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-12-29
「ミャンマーの魅力と課題」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-10-29-1

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました