米海軍が極超音速兵器の2段目ロケット試験成功

細部を把握していませんが重要兵器開発なので
1段目とスラスト・ベクター装置試験にも成功の模様
米海軍艦艇等への配備は2025年頃に遅れそうだが

rocket motor.jpg8月25日、米海軍がユタ州の試験場で極超音速兵器用の固体燃料ロケットモーター「2段目:a second-stage solid rocket motor」試験を行い、成功したと米海軍が26日に発表しました

25日の試験は、今年5月27日に試験を成功させた「1段目」と組み合わせた形で実施され、同時に同兵器の飛行方向を極超音速飛行状態で変更する「スラスト・ベクターシステム:thrust vector control system」も搭載して行われ、全てがうまく言った模様です

中国やロシアに比して遅れている米国の極超音速兵器開発は、2019年頃から国防省が音頭を取って3軍が協力する体制が動き始め、米陸軍は車両搭載型で2023年頃の導入を、米海軍は艦艇発射型を2023年、潜水艦発射型を2024年、米空軍は空中発射型を2022年に配備する目標を立て、最優先事業として協力しつつそれぞれが取り組んでいます

Navy hypersonic3.jpg米空軍は空中発射型でり、兵器の「初速」が確保された状態からの発射で実用化時期が一番早くなっており、陸海は速度ゼロ状態から2段推進ロケットで加速する必要があるため時間をかけ共同開発で取り組む構図となっています

「Glide Body:C-HGB」は3軍共通で、陸海は協力して推進装置を開発し、発射装置は陸海空がそれぞれの搭載装備に併せて独自に開発する強力体制のようですが、細かな分担についてまんぐーすは把握できていません

昨年2020年前半時点では、上記で述べたように、部隊配備が2022年から24年に行われると報道されていましたが、2020年後半になって「広く学会から最新技術の知見を得たい」といった「行き詰まり」状態を示唆する動きも聞かれ始めていました

Navy hypersonic.jpgまた今年に入り、4月と7月に2回実施された米空軍の空中発射型の極超音速兵器ARRW(AGM-183A Air-launched Rapid Response Weapon)発射試験が失敗しており、なかなか簡単な容易な道ではないようです。

更に今年7月には米海軍幹部が、艦艇や潜水艦の配備は2025年頃になろうと発言し、当初の艦艇23年・潜水艦24年からの後退に言及しており、何やら「暗雲」が立ち込め始めているところです

最近の流れの簡単な復習
(過去記事もご覧ください:よく理解できていませんが)
rocket motor 2.jpg2020年3月20日、3軍が共通で使用を想定する「Common-Hypersonic Glide Body:C-HGB」の試験に成功。後に陸軍長官が、この試験での着弾誤差はわずか20㎝だったと開発の順調さをアピール
2020年10月に国防省開発担当者が、広く学会にも呼び掛けて関連最新技術情報収集する枠組み構築を発表。同12月には豪州との協力体制合意を発表

2021年5月27日、陸海が共同開発中の固体ロケット1段目の試験に米海軍が成功
米空軍のARRW発射試験は、2021年4月と7月に実施されたが、共にエンジン点火等に問題が生じて失敗

Navy hypersonic2.jpg2021年7月22日、米海軍艦隊司令官が、共同開発中の米陸軍は2023年の地上配備を目指しているが、海軍艦艇への発射機の搭載や種々の確認訓練には更なる時間が必要で、バージニア級攻撃原潜への搭載も含め、水上艦艇への搭載は2025年頃になろうと発言
////////////////////////////////////////////////

Web上の写真からすると、地上での試験で、打ち上げ試験ではないようです

CPS(conventional prompt strike)ミサイルとも呼ばれる極超音速兵器は、今後の戦いを考える上で重要な要素ですので、分からないながらに報道をフォローしております
日本や列島線上への配備の話も当然出てくるでしょうから、ちまちまとご紹介しております

米軍の極超音速兵器開発
「米艦艇搭載は2025年頃か」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-07-24
「豪州とも協力」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-12-01
「今頃学会と情報収集枠組み」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-10-28
「3月の極超音速兵器テストは誤差20㎝」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-10-14
「3軍協力で極超音速兵器開発」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-08-15-1
「ボディー試験に成功」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-22
「空軍開発本格化」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-06-16
「攻防両面で超超音速兵器話題」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2018-09-08-1
「防御手段無し」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2018-03-21-1
「宇宙センサー整備が急務」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-07-31

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました