Kendall空軍長官候補が上院での質疑に臨む

B-21やF-35調達数、A-10やMQ-9の今後
性的襲撃事案多発への対応についても所信を語る

Kendall SASC.jpg5月25日、米空軍長官候補に指名されたFrank Kendall元調達&技術開発担当国防次官が上院軍事委員会での質疑に臨み、「私が国防省に戻ろうと考えたのは、中国対処に取り組みたいと考えたからである」と思いを語り、「承認いただけたら、この課題に立ち向かう」と信念を語りました

また、B-21爆撃機やF-35戦闘機の調達数や、A-10やMQ-9の今後など航空アセットへの投資の考え方など、厳しい予算繰りの中での装備近代化について所信を述べ、あわせ部隊で大きな問題となっている性的襲撃(sexual assaults)について、部隊の「command climate:部隊の状況・業務要領・雰囲気」を精査して問題対処にあたると語りました

Kendall SASC2.jpgそれほどインパクトのある発言があったわけではありませんが、4年前まで務めた国防次官時代に剛腕で知られ、空軍装備品開発や調達問題にも詳しい陸軍士官学校卒業の空軍長官候補の基本的考え方を知る機会ですので、ご紹介しておきます。なおKendall氏のご経歴については、末尾の過去記事をご覧ください

25日付米空軍協会web記事によればKendall氏は
中国は湾岸戦争での米軍の戦い方を研究し、米国が中国に戦力を向けた場合を想定して、それを撃破するとの明確な目標を定めて急激な軍備近代化を進めてきており、中国の2021年代の近代化の大きな成功は米国の大きな懸念事項になっている
US China2.jfif私が国防省に戻ることを考えたのは、この中国の急速な軍事近代化への対処に関心があったからである。米軍も中露の脅威に対処するため進化を遂げてきたが、やるべきことが多く残されており、長官就任を承認いただけたなら、米空軍と宇宙軍の組織編制、訓練、装備品調達に尽力し、中露の抑止に努め、要すれば如何なる敵も撃破し勝利を収めたい

核抑止3本柱の2本を米空軍が担っているが、併せて米空軍は核戦力運用の指揮統制システムを担っており、この極めて重要(by far its most important)な4本柱の3本を担ってその維持に今後も全力を尽くす
開発中のB-21爆撃機は145機が必要だと考えており、現時点では妥当な機数だと思う。まだ本格調達開始には時間があり、状況の変化により要求値は変化する可能性がある(注:機種選定時には「少なくとも100機」、その後「少なくとも100-145機」と変化し、現在GSコマンドは220機必要だと主張し始めている)

A-10 4.jpgA-10攻撃機については、そのユニークな地上部隊支援能力から私は応援団であるが、何機を今後も維持していくかについては厳しい各種トレードオフも見極める必要がある。全てを無くすことには抵抗がある
F-35は米空軍作戦機の中核であり、現存するベストな戦術航空機で当面あり続ける。不幸にも複雑で高価な装備品だが、圧倒的な兵器だと認識している。4年前まで国防次官として勤務した際も、その困難な道のりと課題が続く長い経緯を見てきた

米空軍が開始した「TacAir Study」についてはまだ把握していないが、戦闘機の最適な構成比率を見極める検討であり、進めていく。ただF-35の維持費については、多く導入すれば単位当たりのコストは低下するので、まだまだ導入機数が少ない段階では、計画に沿って調達を進めて体制の安定を目指していく
Kendall22.jpgMQ-9はイラクやアフガンでの対テロ作戦に大きな貢献をした機体だが、このままでは強固に防御された作戦域での活躍は難しく、投資をして能力や生存性を高める必要がある

性的襲撃問題が依然大きな課題だが、米空軍部隊の大部分は健全な状態にあると見ている。ただすべてが良い状態とまでは言えず、長官に就任したら部隊の「command climate:部隊の状況・業務要領・雰囲気」を厳正に精査して問題がある部隊を把握し、問題対処にあたりたい
///////////////////////////////////////////////

B-21 bomber.jpgKendall氏が頑張っても動ける余地は少ないですし、空軍だけでなく宇宙軍という大問題も背負っての登板ですから、大きな期待は酷でしょうが、Brown空軍参謀総長と連携よろしくお願いしたいと思います

4年の国防次官前に2年間調達次官補も務め、その前にも国防長官室で別分野の次官補や室長など務めた剛腕の「実務の人」ですので期待いたします

オバマ政権で調達&開発担当国防次官を4年
陸軍士官学校卒で航空工学修士とMBAと法学博士
「空軍長官候補Kendall氏をご紹介」
https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-04-28
https://holylandtokyo.com/2021/04/30/120/

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました