ロシアが衛星から衛星攻撃物体の射出実験

2017年頃から続く一連の実験
宇宙兵器の制限を訴えるロシアを偽善者と非難

Raymond.jpg23日、初代宇宙コマンド司令官かねて宇宙軍参謀総長Raymond大将が声明を出し、7月15日にロシアが行った「Cosmos 2543衛星から、他のロシア衛星に向け、高速で物体を射出する実験」を、ロシアが軍事ドクトリンで表明している「米国やその同盟国の宇宙アセットを危機にさらす兵器」の試験だと厳しく批判しました

このような衛星破壊を伴わない実験をロシアは以前から行っており、米国務省は2018年に初めてこの問題を国連軍縮会議で取り上げ、今年4月にもChris Ford 国務次官補(当時)が、詳細には言及できないが「2017年にはCosmos 2519が子衛星Cosmos 2521を射出し、更にその子衛星Cosmos 2521が孫衛星Cosmos 2523を速度250km/hで射出する実験を行った」とロシアを非難しています

Cosmos 2543.jpg米国は、ロシアが外交の場で宇宙での軍備管理の必要性を訴え、米国の宇宙活動能力に制限を加えようとする一方で、ロシア自身が宇宙兵器開発を自制する意思を全く示さないのは、ロシアが偽善者であることの動かぬ証拠だと非難し、4月15日にロシアが行った地上発射の直接衛星攻撃兵器実験と合わせてロシアの非道ぶりを訴えているところです

米国防省は6月に「国防宇宙戦略」を発表し、中国やロシアの宇宙開発に強い危機感を示し、米国社会全般に危機感が不足していることや、米国防省の対応も後手に回っていることを認めた上で、同盟国も含めた取り組み強化を誓ったところですが、コロナ危機に付け込んだロシアや中国に全く容赦はないようです

23日付C4isrnet記事によれば
Raymond3.jpg23日付の声明文でRaymond宇宙コマンド司令官は、「7月15日に宇宙軌道上で衛星攻撃兵器の試験を行ったのは、米国の政府衛星に接近したことで我々が年初に懸念を表明した同じロシア衛星である」と述べ、「このロシアの活動は、ロシアの軍事ドクトリンが明記している、米国とその同盟国の宇宙アセットを危険にさらす兵器展開への取り組み」と一致するもので、ロシアは継続的にその実現に動いていると懸念を表明した
ちなみに7月15日の試験に関与したロシア衛星は、2019年11月と12月に打ち上げられたCosmos 2542とCosmos 2543で、打ち上げ後から米国の政府衛星に接近する特異な動きを見せ、米国関係者が懸念を表明していたものである

米国務省はこのようなロシアの宇宙活動を2018年に国連軍縮会議で初めて取り上げ、ロシアの行為が宇宙兵器の制限を主張する発言と食い違う偽善的なものだと非難し、今回の宇宙コマンドの声明でも同様の懸念を表明し
Cosmos 2543 4.jpg「(7月15日のロシアによる)試験は、ロシアによる宇宙兵器制限の主張が偽善によるもので、米国の能力を抑えようとする意図から出たものであることを明確に示している。ロシア自身は宇宙兵器開発を止める考えを全く持っていない。これは地上発射の直接攻撃兵器を含めてのことである」とChris Ford軍備管理担当次官(現在)はコメントしている

米国防省は6月に発表した「国防宇宙戦略」で中国やロシアの活動について危機感を示し、「宇宙アセットは、もはや安全な聖域に存在するものではなくなってきており、様々なレベルの戦いでターゲットになる恐れと直面している。特に中国とロシアは宇宙アセットへの最大の脅威となっており、米国とその同盟国の軍事能力をそぐため、「宇宙の兵器化」に向け、多様な能力の研究・開発・試験を行っている」と表現しているところである
///////////////////////////////////////////////////////

コロナと大統領選挙で混乱状態の米国を見て、中国が本性を現したかのような振る舞いを世界各地で見せていますが、ロシアも負けていないようです

Cosmos 2543 2.jpg「Cosmos 2519が子衛星Cosmos 2521を射出し、更にその子衛星Cosmos 2521が孫衛星Cosmos 2523を速度250km/hで射出」の部分は、英文の理解が正しいのか自信がありませんが、宇宙に関して非公開の部分が多い中で、米関係者の精いっぱいの表現だと思うので、推測してご紹介しました

2018年の国連軍縮会議以降、米国関係者のこのロシア衛星に関する表現は「ぼんやりした」ものでしたが、今回は具体的に「launched an additional object into space」、「high relative speed of about 250 km per hour,」とまで語っており、米側の状況把握能力を明かしてまで脅威を訴える手段に出たようです

ロシアの宇宙兵器疑惑
「4月中旬のロシア衛星破壊兵器試験を批判」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-17
「怪しげなロシア衛星問題提起」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-09-04
「再び同高官が指摘」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-26
米国の取り組み
「国防宇宙戦略を発表」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-06-19
「提案:宇宙兵器の6分類」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-05-28
「航空機からロケット発射で衛星を」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-14
「宇宙軍の最初の攻撃兵器」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-09
「画期的:衛星が推進力衛星とドッキングで延命へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-02-27
「宇宙Fenceレーダー試験開始」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-12-12-1
「同盟国にも宇宙関連訓練を」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-04-21-2
「アジア太平洋での宇宙作戦が困難」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-10-1
「Space Fence試験レーダー完成」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-03-29
「米空軍のSpace Fenceを学ぶ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-28
その他の宇宙関連記事
「5G企業にGPS干渉の恐れある電波使用許可へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-05-14

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました