技術開発担当次官が部下を引き連れ辞任へ

7月10日付で退任し、民間企業のオファーに乗るとか
優秀な改革者だが各所で衝突を繰り返す
日本のイージスアショア撤退とも関係かも・・・

Griffin.jpg23日付Defense-Newsが、中国やロシアとの軍事技術開発競争を米国防省でけん引するはずのMichael Griffin技術開発担当国防次官が、直属の部下であるLisa Porter次官補を引き連れ、民間企業に移籍するため7月10日に離任すると報じました

Michael Griffin次官は、調達兵站と技術開発担当国防次官が分離した2018年2月に、初の技術開発担当次官に就任した人物で、NASA長官や民間企業幹部も経験した「革新的な思想家:innovative thinker」として迎えられましたが、反面その強烈な個性で、国防省内や米政府、更に議会との対立も絶えなかったようです

同次官の考え方が素晴らしすぎて、周りがついていけなかったのか、あまりに発想が突飛で組織に馴染まなかったのか細部はよくわかりませんが、ミサイル防衛庁MDAや宇宙開発庁SDAを配下に従え、弾道ミサイル防衛や超超音速兵器対処の先陣に立っており、関連するレーザー兵器を含むエネルギー兵器、イージスアショア、宇宙配備センサー、迎撃兵器Kill Vehicleなどを巡って様々に話題を提供してきた人物です

Porter DOD.jpg就任時の挨拶で「私は直属上司である国防長官と副長官に対してのみ報告等の義務を負う」と述べ、米議会から批判を浴びたり、Wilson前空軍長官との激しい対立がメディアに暴露されたり、部下のやっている事業と全く食い違った政策を突然打ち出したり・・・とメディア的には話題豊富な人物でした

過去にまんぐーすが取り上げた中では、空母1隻と同価格のミサイル2000発を比較して超超音速兵器の導入を訴えたり試験電波発射が容易な軍演習場を5G民間企業に貸し出したいとして米軍と対立したり、専門家が疑問視するF-35へのミサイル防衛兵器搭載を主張したり・・・等々の「Innovative thinker」ぶりをご紹介してきました

日本との関係では中国の超超音速兵器(Hypersonic Weapon)対処を最優先事項と同次官が訴え、同盟国の協力が極めて重要として日本に探知追尾センサーの配備調整を始めていると述べていたこと等を踏まえ、河野防衛大臣がイージスアショア導入停止を発表した際は、超超音速兵器対処への優先対処へ方針転換か?、とツイッターで邪推情報をまんぐーすから発信させていただいたところです(思い付き邪推ツイートだったのに、ものすごい反響でビックリ!)。

いずれにしても、Griffin次官が同部署の筆頭部下を引き連れ辞任することで、米国防省の技術開発政策推進への影響は避けられず、同次官の下で国防省内外と対立して混乱してきたであろう各種政策の交通整理を含め、暑い夏になりそうです

23日付Defense-News記事によれば
Griffin2.jpg辞任を決意したGriffin次官が部下全員に送ったレターには、「民間企業からオファーがあり、私とPorter次官補は、その申し出を受けることを決断しました。過去数年間に渡り、素晴らしいチームを率いて仕事ができたことをうれしく思っています。皆さんのハードワークと貢献、その高い能力と誠実な仕事ぶりに心から感謝します。皆さんの増々もご活躍とご発展を祈念いたします」と記されている
5月20日のスピーチでGriffin次官は、「皆さんもご存知のように、政治任用者は政権のお陰で勤務できており、その勤務がいつまで続くかは誰にもわからない」と今回の辞任を示唆するような発言を行っており、そのころからペンタゴンを去る日が近いのではと噂されていた

Griffin次官とPorter次官補は、国防省の主要幹部で先週辞表を提出した3番目と4番目の人物で、他の2名は、Elaine McCusker国防省臨時監察官と Kathryn Wheelbarger国際安全保障問題担当次官補代理である
////////////////////////////////////////////

Griffin3.jpgGriffin次官に特に注目していたわけではありませんが、Griffin次官関連の過去記事を改めて見直し、先日の日本のイージスアショア計画停止(撤退)発表を考える時、いろんな意味で今後の影響が懸念されます

自ら連れてきた直近の部下も引き連れ、中露との軍事技術優位を争う先頭に立っているはずの人物が、予算審議が佳境を迎えるこのタイミングで民間企業に転身とは、アメリカ的ではありますが、アメリカだけのことでは済まないと思います

転職先が、中国資本のタップリ入った企業でないことを祈るばかりです。また、国防省幹部の辞任ラッシュが、落ちつくことを願うばかりです

Griffin技術担当次官関連の記事
「超超音速兵器対処は同盟国協力が鍵」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-09
「空母1隻とミサイル2000発とどっちがお得?」https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-10-20
「5G民間企業に軍演習場開放も」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-08-14
「F-35にミサイル防衛兵器を」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-01-19-1
「日本に探知追尾レーダー配備?」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-12-24
「超超音速兵器対処に宇宙センサーを」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-09-08-1

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました