航空機を利用した衛星打ち上げ計画OSP-4

航空機にロケットを搭載し小型衛星打ち上げ
今後9年間で20回の打ち上げ計画

LauncherOne.jpg13日付米空軍協会web記事は、バージン航空の系列会社である宇宙関連企業「Virgin Orbit」とその子会社「VOX Space」が、航空機からのロケット発射方式による衛星打ち上げを、2021年10月に開始するための準備を着々と進めていると報じています

この低軌道への衛星打ち上げ事業(宇宙軍のOrbital Services Program-4:OSP-4)には、バージン関係企業だけでなく、「Aevum, Firefly Black, Northrop Grumman, Rocket Lab, SpaceX, United Launch Alliance, and X-Bow Launch Systems」などの複数の企業が参入し、最大の打ち上げ需要を持つ米軍を初めとする民間需要を含め受注を目指すようで、競争原理による価格低下が期待されています

中国やロシアは、米国の衛星を無効化する手法開発に注力しており米国は少数の多機能で高価な衛星に依存する体制から、単機能で安価な多数の衛星による体制への転換を目指しておりこのようなより軽易な打ち上げを方法を確立することで、衛星打ち上げ計画から軌道への投入サイクルを早くすることや、打ち上げ単価を低下させることを狙っています

13日付米空軍協会web記事によれば
LauncherOne2.jpg「Virgin Orbit」とその子会社「VOX Space」は、2021年11月からの3回の打ち上げ(Space Test Program-S28)で、44個の衛星を打ち上げる契約を約40億円弱で受注している。
●同社は、Boeing 747-400旅客機を改良した「Cosmic Girl」との機体の翼の付け根に、「LauncherOne rocket」との全長約22mの打ち上げ用ロケットを装着し、高度35,000フィート上空に達した時点でロケットを分離発射させる方式に取り組んでいる

●同社は、「LauncherOne rocket」の全ての構成品のチェックを終え、間もなく実施予定である、上空の「Cosmic Girl」からデモ発射する準備が整ったと明らかにしている
「Virgin Orbit」CEOのDan Hart氏は、「宇宙の環境がより厳しいものとなる中、宇宙安全保障のために迅速に効率的に対応する能力が不可欠であり、我々の経済的で対応が早い打ち上げシステムは、衛星無効化を狙う敵対国に対抗する意味で、平和に貢献すると信じている」と語った

LauncherOne3.jpgこのような方式による低軌道衛星打ち上げ事業OSP-4は、今後9年間で400ポンド(200kg弱)以上の搭載物の打ち上げを20回計画しており、米宇宙軍はこれにより、従来は計画から打ち上げまで数年(several years)待つ必要があったが、それを2年以内に短縮しようとしている
●4月10日のリリースで米空軍宇宙ミサイルセンターは、「Virgin Orbit」とその子会社「VOX Space」との契約打ち上げでは、米空軍研究所とカナダ国防省の共同事業である「QUEYSSAT」との実験衛星が含まれていると明らかにし、「quantum channel(小規模チャネル)を活用した quantum network(小さなネットワーク)コンセプトの改良と量的拡大を実証したい」、「宇宙状況把握の能力向上に貢献したい」としている
///////////////////////////////////////////////

官民の打ち上げ需要の拡大を受け、様々な企業が打ち上げビジネスに参入し始めて競争が生まれ、その能力を安全保障関連打ち上げでも活用しようとの動きをご紹介しました

「LauncherOne rocket」は全長約22mで約28トンのロケットの様ですが、一回の打ち上げ能力400ポンド(200kg弱)以上とか、44個の衛星を打ち上げとか、9年間で20回の打ち上げとか、これらの関係がこの和訳で正しいのか自信がありません

LauncherOne4.jpgquantum channelとquantum networkの意味を正確に把握しておらず、GPS電波が活用しにくい宇宙で時刻・位置等を提供するquantumセンサーとの関係も気にしながら、「小さな」ととりあえず訳しています

小規模な衛星を、短い準備期間で、安価に打ち上げる手段の開発と理解すればよいのでは・・・と考えています。多数の企業が参加している点が魅力的ですね
鮮やかな色合いの「Cosmic Girl」による打ち上げ成功に期待しましょう

宇宙関連の記事
「宇宙軍の最初の攻撃兵器」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-09
「画期的:衛星が推進力衛星とドッキングで延命へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-02-27
「怪しげなロシア衛星問題提起」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-09-04
「宇宙Fenceレーダー試験開始」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-12-12-1
「同盟国にも宇宙関連訓練を」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-04-21-2
「アジア太平洋での宇宙作戦が困難」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-06-10-1
「再び同高官が指摘」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-26
「米高官が不審な露衛星を」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-08-15
「Space Fence試験レーダー完成」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-03-29
「米空軍のSpace Fenceを学ぶ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2014-04-28

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました