ついに米空軍が空中給油の民間委託を検討

実戦投入が3-4年遅れるKC-46を待てない米空軍
KC-46と血みどろ機種選定を戦ったA330のレンタルも

KC-464.jpg13日付Defense-Newsは、12月17日に米空軍輸送コマンドが開催する「企業との意見交換デー:industry day」において、空中給油業務の民間委託に関する関連企業からの情報収集と意見交換が、イベントの重要な狙いになるだろうと報じました

米空軍は、中国やロシアとの本格的紛争に備えた対応を迫られていますが、作戦基盤の少ない遠方作戦地域での任務を支える空中給油は、強固に防御を固めた相手との戦いで重要な鍵を握ります。

しかしこれまで空中給油を50年以上支えてきたKC-135sやKC-10sの老朽化が進んで維持が困難となる中、期待の最優先事業であるはずのボーイング製次期給油機KC-46A開発にトラブルが相次ぎ、「実戦投入には、あと3-4年が必要」と言われる深刻な状況です

KC-463.jpgそんな中で出てきたのが、「脅威度の低い空域での空中給油」を民間企業に委託し、米空軍給油機部隊の負担を軽減し、又は能力不足分をカバーできないか・・・とのアイディアです。

既に外国空軍に空中給油を行っている候補企業が複数ありますが、有力と噂されるのが、KC-46と血みどろの機種選定を3回もやり直しして戦い敗れた、しかし英仏豪サウジUAE等でがっちり運用実績があり信頼できるエアバスA330原型の給油機を民間企業に運用させ、給油サービスを受けようとのアイデアです

まぁ・・・なんでも有りの米軍の世界ですが、ちょっとすごい方向に話しが進むような気配がありますので、17日開催の米空軍輸送コマンド「industry day」にあわせご紹介しておきます

13日付Defense-News記事によれば
KC135R.jpg●イリノイ州スコット空軍基地で開催される米空軍輸送コマンド「industry day」は、米空軍が不足する空中給油能力の一部を民間企業に委託するために、どのような契約形態や委託方式が良いのかを探る機会になる予定
●同輸送コマンド副司令官のJon Thomas中将は10日に、「必要な情報を得る良い機会となる。仮に有効な方策や明確な道筋を見出すことが出来れば、我々は進むべきだ」と語った

●そして同副司令官は、「給油機を保有して他国空軍に空中給油を行っている企業は複数有り、彼らは、もし米空軍が本気で検討するなら、対応する用意があるといってくれている」と状況を説明した
●ただ、「現時点ではサービスを提供する企業は全てprobe and drogue方式で、米空軍が求めるBoom方式が企業参入の妨げになる可能性がある」、「他にも、米空軍機に給油するには米空軍の認証を受ける必要があり、また米国領空内で給油するには連邦航空局の認証も必要になる」と考慮すべき条件について語った

A330 tanker.jpg●同副司令官は具体的な候補企業について言及を避けたが、最近ロッキードとエアバス社が、A330型空中給油機のレンタルサービス(fee-for-service model)を米空軍向けに検討しているとアピールし始めている
6月にロッキードのMichele Evans担当事業部長は、エアバス社とロッキードの間での協力協議も色々詰めるべきところが残っており、リースやレンタルの方式についても様々なオプションがあり要検討箇所は多いが、A330型給油機のリースやレンタルについて米軍と協議しており、米輸送コマンドが興味を示していると語っていた

●また同事業部長は、米空軍が民間企業から空中給油サービスを導入しなかった場合でも、米空軍給油機部隊の能力強化のためにいくつかのオプションを提案したいと述べた
●(KC-46の開発遅延や重大トラブルの発生を受け、)米空軍はKC-46導入に併せて退役予定だったKC-135の一部を継続運用の方向にあり、2021年度予算に老朽化が進み維持が厳しくなっているKC-135を14機継続使用する予算を計上する方向で検討している
/////////////////////////////////////////////////

KC-10.jpgKC-46を開発製造するボーイングにとって、これ以上恥ずかしい話はないと思いますが、「面の皮厚く」だらだらとKC-46の複数の不具合に対処していくのでしょう

しかしロッキードも抜け目ないですねぇ・・・。これをチャンスと見てA330型を引っ張ってくるとは・・・。米国内の反応が見ものです・・

エアバスA330とボーイングKC-46Aが血みどろの争い
3度機種選定をやり直したKC-46Aの「黒歴史」
→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2011-02-25
KC-46関連の記事
「貨物ロックに新たな重大不具合」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-09-12
「海外売り込みに必死なボーイング」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-22-1
「米空軍2度目の受領拒否」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-04-06-1
「機体受領再開も不信感・・・」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-16-1
「米空軍がKC-46受け入れ中断」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-03-09-3
「不具合付きの初号機受領」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-01-12-2
「初号機納入が更に遅れ」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-10-20
「10月納入直前に不具合2つ」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-09-19
「10月に初号機納入を発表」→ https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-06-22
「開発が更に遅れ」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-03-11-1

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様(500円/月)  yaazooyaa...
タイトルとURLをコピーしました