Joint・統合参謀本部

米陸軍と米空軍で無人機対処の動きが

理解不足ですが、この分野が喫緊の課題であることの証左として 陸軍は対ドローン提案対決、米空軍は謎のC-UASカタール配備 18日及び19日付発表や報道が、米空軍と米陸軍の無人機対処の話題を取り上げていますので、この課題の重要性を身に...
安全保障全般

1970年代導入のF-16戦闘機は2070年代まで運用

現在まで4550機製造も、5000機到達の勢い 米空軍の2030年代後半まで使用示唆で、海外需要大復活へ 現時点でもロッキードは約7兆円の受注 23日付米空軍協会web記事は、第5世代戦闘機や次世代の戦闘機開発が話題になる中でも、...
米空軍

米空軍がABMS具現化第1弾でKC-46に中継ポッド

F-22とF-35のデータ共有を可能にする中継ポッド 約2年かけて練ったABMS構想を具体化するとの意思表明 全体像が見えないと懐疑的な議会説明がカギ 21日、米空軍は約18か月かけて構想を練り、数回の実験演習を行ってきたABMS...
米空軍

Kendall空軍長官候補が上院での質疑に臨む

B-21やF-35調達数、A-10やMQ-9の今後 性的襲撃事案多発への対応についても所信を語る 5月25日、米空軍長官候補に指名されたFrank Kendall元調達&技術開発担当国防次官が上院軍事委員会での質疑に臨み、「私が国防...
安全保障全般

韓国への弾道ミサイル性能制限撤廃に米国同意

射程800㎞以下の制約が撤廃 米国は対中国に期待も、日本にとっては懸念材料のみ まぁ、日本も射程を伸ばしているので、静観の構えか 5月21日、米韓首脳会談に臨んだ韓国大統領は会談後、「(韓国の弾道及び巡航ミサイル開発を制限していた...
安全保障全般

台湾が統合強化と権限分散の軍改革へ

陸軍軍団が各地域を分割担当している現状から 「統合戦域司令部」を5つ設け、海空軍人トップの可能性も 10日、台湾国防相が議会で、2022年1月から台湾軍組織を改編し、陸軍中心から統合を重視した体制や、より各地域司令部に権限を委譲して...
米空軍

F-15EXが配備2週間で大規模演習参加

Northern Edge演習で50対50の大規模航空戦訓練に とりあえずF-15Cの代役できるか確認 新電子戦機器EPAWSS、搭載量増、FBW等で上々の成果 最近のハイエンド想定航空戦演習をのぞいてみます 20日付米空軍協会...
Joint・統合参謀本部

海兵隊NMESISは海上移動目標に命中していた

4月29日発表の試験成功の細部に言及 2022年度予算案の最優先装備としてアピール 13日、David Berger海兵隊司令官が講演で、4月末に同司令官が発表したNMESIS(海軍海兵機動型艦艇阻止システム:Navy Marine...
米空軍

米空軍の戦闘機構想:2022年度予算説明資料より

2030年代までの構想を含め来年度予算を語る 2026年までに421機を退役、304機を新規導入 米空軍協会機関紙が、5月27日にバイデン政権が発表予定の2022年度予算案に関する米空軍作成の「論点:talking points」ペ...
米国防省高官

米国防省監査官が省内のUFO対応を調査へ

法律が政府情報機関へのUFO報告を6月末に求める中 2020年4月に米海軍がUFOらしき画像公開後関心急上昇 中国の無人偵察機との懸念も大 3日、米国防省監察官が省内のUFOへの対処状況について調査・捜査(investigatio...
タイトルとURLをコピーしました