欧州諸国からウクライナへの武器提供

携帯型SAMスティンガーが多数ウクライナへ
対戦車ミサイル、機関銃、迫撃砲、ロケット弾等
ハイブリッド戦とは異なる20世紀的戦いの様相

Stinger SAM.jpg2月28日付(3月1日更新)Defense-Newsが、欧州諸国からウクライナへの軍事援助(武器供与)についてまとめていますので、戦況を見る視点の一つとして、また欧州諸国の姿勢を見る意味でご紹介いたします

ちなみに、米国は約380億円相当の武器供与を2月最終週に表明し、その一環で初めて携帯型SAMスティンガー(射程4㎞)やJavelin対戦車ミサイル(射程2-4㎞)を直接供与することを決定しています

なおEUは、ウクライナへの武器提供を行った国に、計約550億円の資金を援助すると表明しています

●ドイツ(紛争参加国に武器を供与しないとの国是を破り)
・1000セットの対戦車兵器
・500セットの携帯型SAMスティンガー

●スウェーデン
・5000セットの対戦車兵器
Stinger SAM3.jpg●フィンランド
・1500セットのロケットランチャ
・2500丁の狙撃銃
●ノルウェー(武器禁輸を国是としてきたが、ウクライナ情勢を受け方針転換)
・2000セットのM72対戦車兵器

●オランダ
・200セットの携帯型SAMスティンガー

●イタリア
・携帯型SAMスティンガー、迫撃砲、機関銃2種類
・対戦車ミサイル(イスラエル製Spikeはイスラエルとの関係で困難)
・仕掛け爆弾対処装備
////////////////////////////////////////////////

Stinger SAM2.jpgイタリアは、ポーランドやルーマニアに持ち込み、そこからウクライナとの国境でウクライナ側に提供するルートのようです

ロシアが「航空優勢」を握っているが、「制空権」確保には至っておらず・・・と言われていますが、脆弱な飛行場インフラが大きな被害を受けているようですので、ウクライナ西部国境付近からウクライナの主要都市への輸送ルートが課題でしょうか

ウクライナに関する軍事的な視点
「ウ軍のレジスタンス戦は功を奏するか?」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2022-02-27
「ウクライナ紛争の最初の一撃は宇宙で!?」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2022-02-17
「ウクライナで戦闘機による制空の時代は終わる?」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2022-02-08

小泉悠氏によるウクライナ情勢分析
2月2日→https://holylandtokyo.com/2022/02/07/2698/
12月中旬→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-12-22

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様(500円/月)  yaazooyaa...
タイトルとURLをコピーしました