米高官:UAEへのF-35輸出に完全コミットも協議中

ドバイ航空ショー会場で米国務省担当次官補代理が語る
ロシア代表団がUAE皇太子にSu-75売込みの中

Resnick3.jpg11月16日、米国務省の政軍関係や武器輸出担当のMira Resnick次官補代理がドバイ航空ショーの会場で、バイデン政権誕生以降、トランプ前政権が合意したUAEへのF-35輸出の手続きが停滞していると言われる中、「米国は輸出合意に完全にコミットしている」と語りました

またサウジへの精密誘導兵器等の輸出については、反サウジ姿勢のジャーナリストが殺害された2018年の事案や人道状況が深刻なイエメンに対する米国製武器使用に関する問題など困難な面があるが、協議を行っていると説明しています

Resnick4.jpg14日から18日の間で開催された同航空ショーは、コロナ感染拡大後では初の大規模国際航空ショーで、事前登録者数等から5日間で8万人以上の来場が見込まれたイベントですが、2020年にUAEなどと国交を正常化したイスラエルの国防省や防衛企業も初めて参加する中東イベントとしても関心を集めています

UAEやサウジへの米国製武器輸出に関しては、イエメンでの人道的な懸念の他、例えばUAEが中国やロシア軍需企業とも関係を持っていることから、米国製武器の最新技術や情報が流出する恐れも指摘されており、その辺りの懸念を払しょくするための約束を明確にする作業が続いているようです

なお、米国が足踏みしている隙を見て、16日にはロシアの「ハイレベル(売込み)代表団」が、UAEの実権に近い皇太子に航空ショー会場で面談しており、F-35の対抗馬だとロシアが主張するSU-57を売り込んだとも噂されていますが、その件についてもResnick次官補代理はコメントしています

16日付Defense-News記事によれば
Resnick2.jpg●16日、米国務省政軍関係局で地域安全保障と武器輸出を担当するMira Resnick次官補代理がAP通信の質問に対し、「米国は、UAEにとってgame changerとなるF-35輸出に完全にコミットしており、前政権時にUAEが約束した様々な条件が守られることを明確にするための協議を行っている」と説明した
●また「イスラエル軍や米軍のF-35が既に当地域で飛行しているが、米国はUAEにもF-35を運用してもらい、我々のパートナーとして、イランを含む地域の脅威抑止に加わってほしいと考えている」とも述べた

●トランプ前政権は、イスラエルとUAEの国交樹立を受け、UAEに50機のF-35と18機のMQ-9無人攻撃機や最新の空対空&空対地ミサイル等を約2兆5千億円で提供することで合意したが、バイデン政権になってUAEやサウジのイエメンへの武器使用批判などから手続きが遅れている
F-35 Gilmore.jpg●なお同次官補はF-35売却に際し、どのような事項を明確にするようUAEに求め、UAEがどのような回答をしているかについて言及を避け、UAE側も契約条件については語っていない

●また同次官補はロシアの兵器売込みの動きに関する質問に対し、「我々は米国の地域における役割を満たすような戦略的競争者を目にしていない」と述べた
●サウジへの武器売却交渉について同次官補は、「サウジが自国防衛を果たせる状態にあるか確認するため協議をしている。米サウジ間に困難な面があることを両国は承知している。しかし米国は引き続き、サウジに再投資し、また彼らが防衛のために投資することを可能にしていく」と表現し、「米国製の武器が米国の安全保障向上に寄与するように使用されることを確保していく」と語った
/////////////////////////////////////////////////

MQ-9B2.jpgUAEやサウジが中国やロシアとどの程度密接な関係にあり、どれだけ情報漏洩のリスクがあるのか良くわかりませんが、イスラエルとUAEやバーレーン等との国交樹立を謳った「アブラハム合意」の勢いが失われないことを切に願います

米空軍省で長年武器輸出を担当して各国関係者と太いパイプがあり、国防省の武器輸出所管DSCAトップだったHeidi Grant長官が11月7日に辞任し、背景にUAE&サウジ案件や、中国に武器輸出で先を越されていることへの不満があったと報じられています。真相は定かではありませんが、これが米国防省や米国政府の状態です

中東への武器輸出関連
「国防省の武器輸出DSCA長官が怒りの辞任」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-10-15
中東やイスラエル関連の記事
「UAE空軍司令官視察:イスラエル最大の多国間空軍演習」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-11-04
「国防省武器輸出担当が怒りの辞任」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-10-15
「米中央軍で対イランの動き2つ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-09-09
アブラハム合意の関連記事
「イスラエルが欧州軍から中央軍管轄に」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-01-16
「政権交代前にUAEへのF-35契約署名へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2021-01-11
「イスラエルがUAEへのF-35に事実上合意」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-10-26

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました