2021-03

米空軍

米空軍の戦闘機族ボスが謎の次世代制空機NGADを語る

機密度が高いゆえに予算確保が困難だと危機感 参謀総長の戦闘機混合分析検討をけん制か?? 2月26日、米空軍戦闘コマンド司令官、つまり「戦闘機族のボス」であるMark Kelly大将が記者団と懇談し、記者団からの関連質問もない中で突然...
Joint・統合参謀本部

太平洋軍が今年も追加要望事項レポートを

3月4日AEIのイベントで司令官自らプレゼン 米議会超党派が推進のPDI太平洋国防イニシアチブとスクラム ただ国防省は厳しい予算枠の中で動けるはずもなく 2日付Defense-Newsは、昨年に引き続き米太平洋軍が、2027年まで...
ふと考えること

正直者は馬鹿を見る?:米軍が引き続きメキシコ国境警備

国家安全保障省の任務を支援して19年 今や当たり前にみられてバイデン政権後も継続投入 2月25日付Military.com記事は、本来は20年前に誕生した国土安全保障省の任務でありながら、断続的に米軍が19年に渡り支援し、現在も36...
米空軍

KC-46空中給油機を一部の任務に投入開始

KC-10やKC-135の負担軽減のため 軽易な国内任務や海外展開支援など ステルス機への給油は不許可 24日、Jacqueline Van Ovost米空軍輸送コマンド司令官が、空中給油操作システム不具合対策が2023年までかか...
米空軍

やっぱり危ういPACAF司令官:E-7ほしい発言

翌日には空軍参謀総長が時期尚早と即否定 米軍内の不協和音が聞こえてきます・・・残念 2月24日、Kenneth Wilsbach太平洋空軍司令官が記者団に、現有のE-3早期警戒管制機は老朽化が進んで稼働率が低下していることから、豪州...
タイトルとURLをコピーしました