ギリシャが公式に中古F-35購入を要請

2021年から受領開始したいと希望
融資期限が迫るEUローンを利用で急ぐのか?
トルコや在シリアロシア軍を警戒か?

F-35 Greece.jpg11月6日付でギリシャ国防省が米国に対し、18-24機の中古F-35を早急に導入したい旨の公式文書を発出し、来年2021年から初号機を受領開始したいと要望している模様です

ギリシャ空軍は154機の旧式F-16を保有(84機がBlock 52、70機がBlock 30 and 40)し、2018年に近代化改修を約1000億円で発注しているようですが、最近のトルコの軍事脅威やシリア進出ロシア軍の圧力を感じてか、中古12機を含むRafale戦闘機18機の購入契約(2021年から受領開始予定)を仏と結び、経済的には破綻に近い大混乱状態の中でも軍事力強化を考えているようです

Greece.jpg2019年初旬からギリシャは25-30機のF-35購入を米国に希望していたようですが、ギリシャの経済状況等を勘案し、米側はF-16最新輸出型で製造・維持整備体制が確立している「F-16V Block 70」導入を推奨していたようで、そこまでしてF-35を追求する理由を米専門家は、少数のF-35導入で、主力F-16戦闘機の「戦力増強:force multiplier」剤としての役割を期待しているのでは・・・と推測しています

また「2021年から初号機受領」とのスピードを急ぐ背景には、脅威論以外に、融資期限が迫るEUローン活用の皮算用があるのだろうとの米軍需産業関係者の話をメディアは紹介しています

いずれにしても、「中古のF-35」とか「2021年から初号機受領」とか、何でもありの世界の戦闘機市場の中でも驚きを隠せないお話ですので、推測を多分に含んだ米軍事メディアの記事をとりあえずご紹介しておきます

19日付米空軍協会web記事によれば
F-35 Greece2.jpgギリシャが発出した公式文書(LOR:Letter of Request)は、機体提供のスピード、F-35機体の形態、支払い計画について条件を設けているようで、初号機の受領が2021年との条件にも「極めて重要:crucial」との言葉が使用されている
取材に対し匿名の国防省関係者は、F-35に余分な機体など存在しないと語り、ギリシャの要求を満たせるF-35機体は存在しないと語っているが、最近初期に生産されたF-35が、量産を目指す最新型と形態が大きく異なり、実戦用に改修するには大きな投資が必要で米空軍が苦慮しており、仮設敵機部隊(アグレッサー)としての使用も検討していると報道されている状況でもあ

F-16 Greece2.jpgまた、昨年トルコがロシア製防空システムS-400を導入開始したことでF-35計画から除外され、トルコが購入予定だった約100機の行き先が宙に浮いているとの見方があるが、その場合は「中古」と言えないと国防省関係者はコメントしている
仮にギリシャがF-35新造機を希望する場合でも、既に2024年分までの製造計画と提供先はセットされており、それ以降でないと製造ラインに乗らないと軍需産業関係者は語っている
////////////////////////////////////////////////////

トランプ大統領の最後の腕力で、この契約もまとめるのでしょうか?
UAEへの売却については、米議会の中で「売却阻止法案」を提案する議員の動きがあるようですが、こちらの方もあと2か月でまとめ上げるのでしょうか。最近ノルウェーもF-35を機種選定対象にしたとか、風のうわさで聞きましたが・・・。

F-35 Greece4.jpgF-35は、開発中に生産をなし崩し的に始めたことから、それでなくても部品製造と供給網と兵站管理システム機能不全なのに、多様な異なる形態のF-35が混在して、現場整備員に大きな負担を強いています。米国内のコロナ蔓延でサプライチェーンは混乱が増幅しており、明るい話題がないのですが・・・

最近のF-35記事
「UAEへの輸出に事実上合意」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-10-26
「ODIN導入開始」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-10-24
「中東でかく戦えり」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-08-19
「機種別機数が第3位に」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-07-07
「B型とC型が超音速飛行制限甘受」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-04-27
「元凶:ALISとその後継ODINの現在位置」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-17
「ボルトの誤使用:調査もせず放置へ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-02-29
「ポーランドが13カ国目に」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-02-03
「維持費削減:F-35計画室長語る」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-05-03
「同上:米空軍参謀総長が」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-03-02

ALIS関連の記事
「ODIN導入開始」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-10-24
「元凶:ALISとその後継ODINの現在位置」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-03-17
「ALISを断念しODINへ」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2020-01-22
「ALIS問題を議会で証言」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-11-15
「ALISは依然大きな障害」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-02-02

F-35維持費削減は極めて困難
「国防省F-35計画室長が語る」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-05-03
「米空軍参謀総長が語る」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-03-02
「F-35の主要な問題や課題」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2015-12-17
「維持費をF-16並みにしたい」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2018-04-01-1

応援お願いします

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました