南シナ海で航行の自由作戦を活発化とは言うけれど

2015年から開始で2019年が最も活発だったと米海軍
台湾海峡通過も含め航海の自由のため頑張ると主張も

南シナ海.jpg5日付Defense-Newsは、米太平洋海軍発表を取り上げ、2015年にオバマ政権下で開始された南シナ海における「航行の自由作戦:FONOP:freedom of navigation operations」が、2019年には過去最多の7回実施され、今後も「航行の自由」を確保するため継続されると報じています

「航行の自由作戦:FONOP」とは、沿岸各国の領有権主張が入り混じる南シナ海の島や岩礁を中国が勝手に埋め立てて拡大し、領有権を主張して滑走路や格納庫や弾薬庫やレーダーサイトやミサイル部隊を配備して軍事要塞化を進めていることに対抗し、それら人工島から12マイル以内(国際法で領海と言われる範囲)を米海軍艦艇が無害通航するという作戦です

厳密にいうと、フィリピンやベトナムも小さな岩礁に人工物を置いて領有権主張を行っており、「過度な行動は好ましくない。話し合いでの決着を図るべき」と南シナ海沿岸国すべてに訴えるのが「航行の自由作戦:FONOP」の狙いですが・・・

・・・とは言っても既に中国は南シナ海の複数の島々の埋め立て作業や滑走路を含む軍事基地化をほぼ完了しており、今や米艦艇が12マイル以内に近づくと、島々から中国軍戦闘機がスクランブル発進して威嚇し、島配備の地対艦ミサイルが狙いをつける・・・と言った事態になっているようで、「勝負はついた」感が漂っています

そんな中ですが、米太平洋艦隊の「引き続き航行の自由作戦(FONOP)頑張るよ」発表をご紹介しておきます

5日付Defense-News記事によれば
南シナ海3.jpg米太平洋海軍の報道官は、2015年に始まった「航行の自由作戦:FONOP」を昨年2019年に7回実施して年間で過去最多になったと発表し、今後も過度な領有権主張に挑戦していくとの意思を明確にして、公海における安全と航海の自由を確保すべく、作戦を継続すると声明で明らかにした
●同報道官は声明で、「米軍は世界中で定期的に、航行の自由を主張するための行動を行っている」、「全ての作戦は国際法に則って実施され、米国は国際法の許す限り、その場所に過度な領有権主張があろうと、その地域にもめ事があろうと、全ての場所で飛行し、航行して作戦行動を行うことを示していく」と述べている

2015年以来の南シナ海「航行の自由作戦:FONOP」実施回数は
2015年  2回
2016年  3回
2017年  6回
2018年  5回
2019年  7回
トランプ政権となった2017年以降、対中国で積極対抗姿勢を示して回数が増加している

一方、台湾海峡の米艦艇通過は傾向が異なり
2016年  12回
2017年  5回
2018年  3回
2019年  9回
トランプ政権となった2017年以降、一旦は減少したが、2019年に再び上昇している

南シナ海2016.jpg←左写真は2016年のもの
2020年に入っても、1月25日に最初の「航行の自由作戦:FONOP」を沿岸戦闘艦LCS:USS Montgomeryで南沙諸島(Spratly Islands)を対象に実施している。ちなみにこの際は、同諸島からスクランブル発進した中国軍の2機の戦闘爆撃機が米艦艇に対し威嚇飛行行った
●前述のように「航行の自由作戦」は過度な領土要求を対象に実施しており、1月25日の作戦は、公式には、中国、台湾、ベトナムを対象に実施されたことになっている

ただ、このような米軍の作戦にもかかわらず、中国は人工島の要塞化と領有権主張を激しく進めており、米国防省「中国の軍事力」レポートによれば、滑走路や弾薬庫等のほか、既に対艦・対空ミサイル部隊の配備も行っている

●米大学のZhiqun Zhu教授は、「米中関係は、トランプ大統領が香港の自由化運動を支持する姿勢を示して悪化しており、中国とベトナムとの関係も、中国艦艇によるベトナム主張領域への頻繁な侵入により緊張が最近高まっている」とコメントし、
「また台湾で反中国姿勢の総統が当選したことを受け、中国として何らかの対策が必要と考えているであろうから、地域の全般情勢は悪化の傾向にあるとみている」と述べている
/////////////////////////////////////////////////

南シナ海2.jpg米艦艇による台湾海峡通過回数が、トランプ政権誕生後に激減したあたりは、米国の中国と台湾への姿勢が微妙だった過去を映し出しています。今は台湾への武器輸出もそれなりに復活し、以前並みの雰囲気でしょうか・・・?

数年前までは頻繁にメディアに取り上げられた、南シナ海での中国の「傍若無人」ぶりですが、今や話題にする人も少なくなり、「既成事実化」が着実に進行しています

南沙諸島で中国軍の戦闘爆撃機がスクランブル発進とは・・・、時の流れは速いもの・・・しみじみ・・・

「南沙諸島と西沙諸島で埋めたて完了・施設充実中」
https://holyland.blog.ss-blog.jp/2017-12-17

めっきり減った南シナ海の話題
「初のASEANと米国の海洋演習」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-09-03
「次期米軍トップが中国脅威を強調」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-07-14-1
「海洋プレッシャー戦略に唖然」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-06-13
「F-35搭載艦艇がFONOP」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-04-07
「アジア安全保障会議2019」→https://holyland.blog.so-net.ne.jp/2019-05-31-1
「中国艦艇が米艦艇に異常接近」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2018-10-06-1

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました