1年遅れで海洋監視版グローバルホークMQ-4Cグアムに

2018年9月の胴体直陸大事故で配備遅れる
2021年の初期運用態勢確立に向け2機到着

MQ-4C Guam.jpg27日米海軍は、グアム島アンダーセン基地に2機のMQ-4Cトライトン大型海洋監視用無人機が26日到着したと発表し第7艦隊隷下で同基地所在のVUP-19無人機運用飛行隊により運用されると発表しました

MQ-4Cは、米空軍が運用する高高度無人偵察機RQ-4グローバルホークを海洋監視用に改良した機体で、海洋監視用のセンサーで高高度から広範囲の海面監視も可能ですが、低空で艦艇の状況を把握するため、他航空機との衝突防止システムや翼への着氷対策等々を施され、2013年に初飛行している機体です

米海軍は、有人機であるP-8哨戒機とMQ-4Cとを組み合わせた海洋監視を構想しており、大まかには、広範囲をMQ-4Cに監視させて怪しい目標を絞り込み、P-8が怪しい目標を引き継いで細かな対処を行う方式をイメージしているようです

米海軍は最初の配備先であるグアム島にVUP-19無人機運用飛行隊を2016年10月に編成、2018年4月には2018年末までに2機をグアム島に配備すると発表していました

MQ-4C.jpgしかし2018年9月にカリフォルニア州で試験飛行中だったMQ-4Cが、トラブルで帰投途中にエンジンが停止し、何とか飛行場までたどり着いたものの着陸用の車輪が出ないトラブルも重なり、胴体着陸して事故区分「Class A」の大事故を起こしました

その結果、事故調査や対策が米海軍システムコマンドとNorthrop Grummanを中心に行われ、米海軍初の部隊配備が2018年末予定から2020年1月末にずれ込んだものです。

ただ米海軍は、胴体着陸事故前に設定していた2021年初期運用態勢確立の予定を変更していないと報道されており、昨年12月には追加のMQ-4Cを3機約280億円で契約もしています

27日付米海軍協会web記事によれば
●2機の到着に際し、米海軍全体の哨戒機部隊司令官であるPeter Garvin少将は、「初めてとなるMQ-4Cトライトンの部隊配備は、その優れた海洋監視能力からの情報で、前線艦隊司令官の状況認識能力を強化するだろう」、「米海軍航空システムコマンドや企業群に支えられたVUP-19飛行隊は、米海軍初の無人機飛行隊として、米海軍のニーズに答えるため懸命に訓練して継続的ISR提供の態勢を確立すべく訓練していく」と声明を出している
MQ-4C 3.jpg●またVUP-19飛行隊を配下に置くTask Force (CTF) 72司令官のMatt Rutherford海軍大佐は、「第7艦隊の作戦エリアへのMQ-4Cトライトンの導入は、米海軍の西太平洋におけるISR部隊の活動範囲を拡大する」、「MQ-4Cの能力と、実績あるP-8、P-3、EP-3の能力を組み合わせることで、海洋状況把握を改善し、地域および国家の安全保障目標を支援する」とコメントしている

●更に、米海軍航空システムコマンドの哨戒無人機計画責任者であるDan Mackin海軍大佐は、「2機のグアムへの配備は、MQ-4Cの海外配備に尽力したチームの努力のたまものであり、トライトンが持つ複数センサーによる同時情報収集と即時分配配信応力は、継続的な海洋監視分野に革新をもたらすだろう」と期待の高さを表現した
////////////////////////////////////////////////

ちなみに、米海軍はMQ-4Cを計68機調達し、常続的に5か所で哨戒点を維持する構想を持っているようですが、昨年11月に御用研究所のハドソン研究所は、中国海軍艦艇搭載の対艦ミサイルの射程や精度が格段に向上し、米海軍がより遠方からの作戦を求められることから、MQ-4Cトライトンや衛星による敵艦艇の把握では不十分だと警告し、艦艇搭載可能な無人ISRアセットなどの装備を導入せよと提言しています

MQ-25.jpg具体的には、MQ-4C調達機数の増加と米空軍MQ-9の海洋使用への改修、空母艦載無人空中給油機でステルス性のあるMQ-25Aの海面ISRバージョン開発、更に周辺同盟国のISR能力強化等を提言していました

米海軍がハドソン研究所に言わせたのかもしれませんが、ステルス性のないMQ-4Cが、対中国有事に第一列島線内側で活動可能とは考えにくく、艦載の無人給油機MQ-25Aの改修案が飛び出したのでしょう

とりあえず、MQ-4Cが予定通り初期運用態勢を確立することを願いつつ、更に、海上自衛隊(まさかの航空自衛隊も)が米国から押し売りされないことを祈念したいと思います

MQ-4C関連の記事
「ハドソン研:68機体制では不十分」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2019-11-23
「2018年末までにグアム配備?」→https://holyland.blog.ss-blog.jp/2018-04-14-2
「MQ-4C飛行隊が編制完結」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2016-10-29-2
「誰が海軍無人機を操縦するか?」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-08-14-1
「映像:MQ-4初飛行」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-05-23
「グアム配備MQ-4トライトンは今」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2013-04-05
「日本導入グローバルホークの悲劇」→http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2017-05-22

世界の安保・軍事情報を伝えたい ブログ「東京の郊外より」支援の会
米国を中心とした世界の軍事メディアが報じている、世界の標準的な安全保障情報や軍事情報をご紹介するブログ「東京の郊外より・・・」を支援するファンクラブです。ご支援お願いいたします。
ブログサポーターご紹介ページ: 東京の郊外より・・・
お支援下さっている皆様、ありがとうございます! そのお気持ちで元気100倍です!!! ●赤ちょうちんサポーターの皆様(3000円/月)  guest4e4970ea6984様  gueste29a9f838354様 ●ランチサポーターの皆様(1000円/月)   ●カフェサポーターの皆様...
タイトルとURLをコピーしました