Joint・統合参謀本部

Joint・統合参謀本部

米海軍と海兵隊が気候変動対処演習を強化

今夏に影響大なアジア太平洋対象の机上演習を実施 5月に発表の気候変動対処戦略を検証 米軍の中で海軍海兵隊が最も影響を受けると危機感 9月7日付Defense-Newsは、同日開催のイベントで米海軍施設環境担当次官補が、気候変動がも...
Joint・統合参謀本部

バーチャルでMQ-25がE-2DやP-8とのISR任務連携成功

約1年ぶりに米海軍無人給油機MQ-25をご紹介 昨年FA-18、E-2D、F-35Cへの空中給油試験に成功 2025年の初期運用態勢IOC確立めざし 米海軍の無人空中給油機MQ-25に関しボーイング開発担当責任者が、今年5月に米海...
Joint・統合参謀本部

米潜水艦の最先任軍曹に初の女性

米潜水艦への女性乗艦は2011年に士官でスタート 戦略原潜ルイジアナの先任軍曹に海軍勤務20年の女性が 潜水艦内で女性シャワー室を盗撮する事案等問題も発生する中 8月29日付米国防省広報サイトdvids記事は、女性初の潜水艦先任軍...
Joint・統合参謀本部

米空軍オスプレイ飛行停止も海軍海兵隊は継続運用中:9月2日に飛行再開指示

米空軍特殊作戦軍がオスプレイ飛行再開指示 飛行停止から約18日後の9月2日(金)に、3日又は4日に飛行再開と発表 離陸後すぐにフルパワーにするのではなく、クラッチ滑りがないことを確認するため 2 秒間のホバリング確認を指示 飛行停...
Joint・統合参謀本部

米海兵隊stand-in force構想実現に3MLRが奮闘中

2023年9月の運用態勢確立に向けRIMPACで訓練 センサー、通信機能、対空兵器、打撃力等をセットで「In」 米空母打撃軍の進出を支援するため敵艦艇を撃破など 約2000名体制で任務に応じて派遣部隊をチョイス 8月10日付De...
Joint・統合参謀本部

米陸軍が機動性&生存性の高い前線指揮所を求め

MASCP:Mobile And Survivable Command Post project本格化 機動性、アンテナ性能、強靭データ貯蔵、隠蔽性、発電力など追求 7月27日付Defense-Newsが、米陸軍が開始した将来前線指...
Joint・統合参謀本部

米海軍Blue Angelsに初の女性パイロット

76年の歴史を持つアクロバット飛行チームに 下士官から士官に、そして海軍操縦者になった異色の経歴 Amanda Lee大尉のご活躍に期待 7月18日、米海軍アクロバット飛行チームBlue Angelsが、9月から同飛行隊に所属する...
Joint・統合参謀本部

大平洋軍に予算投入増も米軍の統合運用進まず

グアムや周辺にインフラ予算急増も 移動艦艇攻撃能力や弾薬備蓄の不足は20年間変化なし 4軍は各軍の利害優先で統合作戦煮詰まらず 6月23日付米空軍協会web記事が、2023年度予算に米議会で対中国予算の施設整備などが追加され、グア...
Joint・統合参謀本部

米空軍5世代機を日付変更線より西に配備を

太平洋軍司令官がグアムを示唆しつつ米空軍に要請中 そういえばアラスカF-35とハワイF-22だけ 岩国に海兵隊F-35があり、F-35艦載空母の出入りはあるが 6月24日、Aquilino太平洋軍司令官が講演し、米空軍の第5世代機...
Joint・統合参謀本部

米陸軍はStryker装輪装甲車にAPSを導入するか?

2014年の露によるクリミア併合に続き議論再び 対戦車砲や対戦車ミサイルから装甲車を守る防御兵器 6月2日、米陸軍の装甲車両(戦車・兵員装甲車)の防御システム関連イベントで米陸軍の担当大佐が、ウクライナ侵攻事案を受け欧州米陸軍からS...
タイトルとURLをコピーしました