米空軍

米空軍

4大シンクタンクがMQ-9の継続活用要望

米空軍は2035年でMQ-9を完全退役計画も 空軍最高の費用対効果アセットを広範囲で有効活用せよ! 11月19日、米空軍協会ミッチェル研究所が「無人偵察攻撃機MQ-9の役割をもう一度考えよう」とのイベントを開催し、4つのシンクタンク...
米空軍

50機目のKC-46受領し、対象機62%に給油任務許可も・・・

完全に要求性能を満たすのは2024年以降なのに 戦闘地域の本格作戦には投入できない状態なのに 11月9日、米空軍が50機目となるKC-46空中給油機を受領し、現時点での総製造機数177機の28%を受領しました。また10月にF-15と...
米空軍

米空軍がF-22能力向上近代化の1兆円契約発表

全ての契約完了予定は2031年10月末 F-22は2030年から退役開始との構想との関係不明 11月5日、米空軍はロッキード社と、約1兆2000億円規模のF-22能力向上近代化プログラムARES(Advanced Raptor En...
米空軍

謎の次期制空機NGADについて発言相次ぐ

航続距離・多周波数ステルス・搭載量増を要望!? 米空軍ACC司令官と御用研究者が相次いで語る 10月25日、米空軍戦闘コマンドACC司令官(戦闘機族のボス)と米空軍協会ミッチェル研究所研究員(元F-16女性操縦者)が、異なる場で相次...
米空軍

米空軍が5000ポンド新型貫通弾投下試験に成功

1990年代開発の4000ポンドGBU-28の後継 とりあえずF-15Eでの使用試験成功 3万ポンドの巨大貫通弾の小型軽量型か 12日、米空軍が新型貫通弾(bunker-buster)である5000ポンド爆弾(約23000㎏)GB...
米空軍

欧州米空軍がACE構想の準備状況確認演習

ギリシャ空軍基地を中心に Operation Castle Forgeとの多国間演習で 米本土からF-15E部隊を受け入れ 6日、細部は不明ながら欧州アフリカ米空軍は、米本土からF-15E部隊をギリシャ空軍基地に招き、欧州アフリカ...
米空軍

AC-130用レーザー兵器の企業地上試験終了で空軍へ提供

当初は2019年末までに搭載実用化予定だったが 今後空軍で機体システムとの融合や地上試験を経て飛行試験へ 6日、米空軍特殊作戦軍のAC-130に搭載予定のレーザー兵器(HEL:High Energy Laser)を開発中のロッキード...
米空軍

コロナ沈静後のパイロット不足や争奪戦に備え

コロナ下でも米空軍の操縦者養成は淡々も 今後の民間航空会社の需要増を予期し 操縦者の確保や養成の効率化に向け改革引き続き 22日、Brown米空軍参謀総長が空軍協会航空宇宙サイバー会議で講演し、パイロットの民間への流出で操縦者の充...
米空軍

対中国作戦にC-130用水上着陸フロート開発へ

まずは特殊作戦用MC-130Jへの装着 2022年度末までには初飛行試験へ 9月20日、Jim Slife米空軍特殊作戦軍司令官が記者団に、対中国作戦時の残存性が懸念されている脆弱な西太平洋地域の陸上飛行場への依存度を下げるため、C...
米空軍

空自操縦者の米国での墜落死亡事故調査報告

米軍教官同乗で空自訓練生が2月に墜落事故死 訓練生のスロットル操作ミスを教官が修正できず ご冥福を祈りつつ、操縦の難しさを考えます 10月7日、米空軍が2月19日にアラバマ州モンゴメリー地方空港近傍で発生したT-38練習機の墜落事...
タイトルとURLをコピーしました