亡国のF-35

亡国のF-35

資金不足でF-35兵站システムODIN開発停止

ALIS後継システムODINのソフト開発一時停止 要求より42%カットされた2021年度予算で資金尽きる 国防省F-35計画室長が衝撃の発表:再開時期説明できず 22日、米国防省F-35計画室長のEric Fick空軍中将が下院軍...
亡国のF-35

英国の138機F-35購入計画は多くて60-72機へ!?

23日発表の国防費計画で138機に言及無く疑念拡大 次期戦闘機「Tempest」開発優先で国内産業対策へ 23日付Defensae-News記事は、英国防省が同日発表した国防予算計画「Defence in a competitive...
亡国のF-35

米海兵隊F-35Bが伊空母に展開し受け入れ準備支援

伊軍も30機F-35B購入予定で同空母搭載準備中 英空母とは共同運用構想にまで発展しているが 13日付Military.comは、米海兵隊F-35部隊約180名が約4週間に渡りイタリア海軍軽空母Cavourに展開し、同空母のF-35...
亡国のF-35

下院軍事委員長がF-35を痛烈批判「どぶに金を捨てるのか」

米空軍による戦闘機構成検討「TacAir」の背景にある問題児 高止まり維持費、利益地元誘導政治家が絡み身動きできぬ苦悩 5日、Adam Smith下院軍事委員長(民主党)がブルッキングスで講演し、「どぶに金を捨てるようなF-35への...
亡国のF-35

F-35のエンジンブレードと整備性問題発覚

稼働率低調の2大原因の一つ キャノピー問題は第2メーカー参入の5月まで辛抱か 12日付Defense-Newsが国防省筋の話として、F-35の稼働率低空飛行の当面の原因とされているF135エンジン問題について、エンジンブレード耐熱塗...
亡国のF-35

Lord次官:最後はF-35稼働率の状況説明

複数ある任務の一つでも可能な機体は69% 全ての任務が可能な機体は39% ご紹介が遅くなってしまいましたが・・・ 1月19日、20日正午に退任したEllen Lord調達担当国防次官が最後の記者会見を行い、F-35の稼働率改善状況...
亡国のF-35

F-35A型への新型戦術核B61-12搭載飛行試験終了

部品の信頼性問題でB61-12製造が2022年以降と大幅遅延中も F-15Eとは3月、B-2とは6月に搭載適合試験終了とか 11月23日付TheDriveが、ネバダ州の秘密試験場で行われた新型戦術核爆弾B61-12のF-35A型内部...
亡国のF-35

5月のF-35着陸事故の対策機体改修は「秘密」

作戦運用上のセキュリティー漏洩につながるからとか 機体全損・パイロット大けがレベルの事故では異例の非公開 11月23日米国防省F-35計画室は、5月19日のエグリン基地夜間着陸時に発生した機体全損・パイロット重症の重大事故に関し、作...
亡国のF-35

ギリシャが公式に中古F-35購入を要請

2021年から受領開始したいと希望 融資期限が迫るEUローンを利用で急ぐのか? トルコや在シリアロシア軍を警戒か? 11月6日付でギリシャ国防省が米国に対し、18-24機の中古F-35を早急に導入したい旨の公式文書を発出し、来年2...
亡国のF-35

F-35維持整備の大問題ALISの後継ODIN導入開始

2022年12月のODIN運用開始に向け ロッキード依存やめ国防省主導の後継ODIN導入 まずは海兵隊F-35B部隊から 21日、米国防省F-35計画室が、F-35維持整備の最大の課題の一つである兵站自動情報システムALISの後継...
タイトルとURLをコピーしました